カテゴリー別アーカイブ: TV放送情報

メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー共演、リチャード・ドナー監督の刑事アクション第4弾「リーサル・ウェポン4」、NHK BSプレミアムで12月13日(木)放送。




メル・ギブソンダニー・グローバー共演の刑事アクション第4弾「リーサル・ウェポン4」、NHK BSプレミアムで12月13日(木)放送。
リーサル・ウェポン4
リチャード・ドナー監督メル・ギブソンダニー・グローバー共演で描いた刑事アクション第4弾「リーサル・ウェポン4」(原題 Lethal Weapon 4)
1998年8月1日(土)に公開され、配収12億円。
中国人の密入国事件を操るチャイニーズ・マフィア相手にロサンゼルス市警最強コンビが大暴れする…

ロス市警刑事のリッグスとマータフは密航者を乗せた貨物船を発見し、激しい銃撃戦を繰り広げるが、乗組員たちを取り逃してしまう。密航事件の捜査を始めた2人は、事件の黒幕が香港の秘密結社であることを突き止め、チャイニーズ・マフィアの幹部クーたちと壮絶な死闘を繰り広げる…

リチャード・ドナーが監督・製作を手掛けたシリーズ第4弾。
マーチン・リッグス刑事にはメル・ギブソン
黒人刑事ロジャー・マータフにはダニー・グローバー
レオ・ゲッツにはジョー・ペシ、リッグスの恋人のローナにはレネ・ルッソ
チャイニーズ・マフィアのクーにはジェット・リー
マイケル・ケイメンとエリック・クラプトンが音楽を担当。

ロサンゼルス市警最強コンビの昇進、マータフの娘の妊娠、リッグスの恋人ローナの出産とシリーズならではのエピソードも満載。ジェット・リーの鋭いカンフーとの戦いなどさらに磨きがかかったアクションが楽しめます。

★「リーサル・ウェポン4」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
12月13日(木)
13:00~15:08



メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー共演、リチャード・ドナー監督の刑事アクション第3弾「リーサル・ウェポン3」、NHK BSプレミアムで12月12日(水)放送。




メル・ギブソンダニー・グローバー共演の刑事アクション第3弾「リーサル・ウェポン3」、NHK BSプレミアムで12月12日(水)放送。
リーサル・ウェポン3
リチャード・ドナー監督メル・ギブソンダニー・グローバー共演で描いた刑事アクション第3弾「リーサル・ウェポン3」(原題 Lethal Weapon 3)
1992年10月3日(土)に公開され、配収10億円。
武器麻薬密売組織の陰謀を暴くためロサンゼルス市警最強コンビが大暴れする…

リッグスと一週間後に退職を控えたマータフは現金輸送車強奪に遭遇。捕まえた犯人が持っていたのは、元警官によって大量に強奪され、密売された警察の押収武器と特殊弾薬だった…

リチャード・ドナーが監督、製作を手掛けたシリーズ第3弾。
マーチン・リッグス刑事にはメル・ギブソン
黒人刑事ロジャー・マータフにはダニー・グローバー
レオ・ゲッツにはジョー・ペシ
レネ・ルッソスチュアート・ウィルソンほかが共演。
マイケル・ケイメンとエリック・クラプトンが音楽を担当。
主題歌はエルトン・ジョンの「Runaway Train」

タイトルバック、それに続くシークェンス、そしてクライマックスと炎と爆発に満ちたシリーズ第3作。
前作に引き続きジョー・ペシが登場し、アクション映画にコメディ要素が加わっていて、さらにパワーアップ。

★「リーサル・ウェポン3」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
12月12日(水)
13:00~14:59



シルヴェスター・スタローン主演の人気アクション「ランボー3/怒りのアフガン」、「ランボー 最後の戦場」、BSテレ東で12月12日(水)連続放送。




シルヴェスター・スタローン主演の人気アクション「ランボー3/怒りのアフガン」「ランボー 最後の戦場」、BSテレ東で12月12日(水)連続放送。
ランボー3怒りのアフガン

「ランボー3/怒りのアフガン」(原題 Rambo Ⅲ)

1988年6月11日(土)に公開され、配収23.85億円。
元上司トラウトマン大佐を救うため、ランボーは戦乱のアフガンへ向かう…
「ネバーエンディング・ストーリー3」のピーター・マクドナルドが監督リチャード・クレンナほかが共演。
ナイフはもちろん、特製ボウ・ガン、スティンガー・ミサイルなど多彩な武器が登場。クライマックスには戦闘用ヘリvs装甲車の対決もあって、さらにスケールアップしたシルヴェスター・スタローンのアクションが楽しめます。
●BSテレ東 水曜映画館 12月12日(水) 17:58~20:00

「ランボー 最後の戦場」
ランボー 最後の戦場
2008年5月24日(土)に公開され、興収10億円。
“世界で最も残忍な軍隊”と恐れられるミャンマーの軍事政権にランボーが敢然と立ち向かう…
前作「ランボー3/怒りのアフガン」から20年ぶりにシルヴェスター・スタローンが監督、脚本、主演で映画化。ジュリー・ベンツポール・シュルツマシュー・マースデンほかが共演。
20年ぶりのランボーの活躍をハードなバイオレンス描写満載で描いたアクション。シルヴェスター・スタローンのアクションが楽しめます。
●BSテレ東 シネマクラッシュ 12月12日(水) 20:00~21:54



エド・スクライン主演、リュック・ベッソン製作、脚本のシリーズ第4作「トランスポーター イグニション」、BS-TBSで12月11日(火)放送。




エド・スクライン主演、リュック・ベッソン製作・脚本のシリーズ第4作「トランスポーター イグニション」、BS-TBSで12月11日(火)放送。

リュック・ベッソン製作・脚本、新星エド・スクライン主演の6年ぶりとなるシリーズ4作目「トランスポーター イグニション」(原題 The Transporter Refueled)
2015年10月24日(土)に公開され、興収4.6億円。
運び屋”トランスポーター”のフランクは妖艶な美女アンナが率いる犯罪組織に父親を人質に取られ、プロの運び屋のルールに反する依頼を強制される…

ブラックスーツに身を包み、冷静沈着にワケありの依頼品を送り届けるプロの運び屋”トランスポーター”の3つのルール。1. 名前を聞かない、2.契約厳守、3.依頼品は開けない。そのいずれかを破ったときは、死。運び屋”トランスポーター”のフランクは、妖艶な美女アンナが率いる犯罪組織に父親を人質に取られ、ルールに反する依頼を強制される。父親の命の期限は12時間。自らに課したルールと父の命の間で揺れ動きながら、フランクは愛車アウディを走らせる…

リュック・ベッソン製作・脚本ジェイソン・ステイサムをアクションスターに押し上げた人気作「トランスポーター」シリーズ

イギリス出身の新鋭エド・スクレイン主演、「フルスロットル」のカミーユ・ドゥラマーレ監督で6年ぶりとなるシリーズ4作目。
運び屋”トランスポーター”のフランクにはイギリス出身の新鋭エド・スクレイン
レイ・スティーブンソンロアン・シャバノルほかが共演。

ジェイソン・ステイサムから新鋭エド・スクレインに主演が交代しながらも迫力あふれるカーチェイス、ボディアクションが楽しめます。

★「トランスポーター イグニション」(日本語吹替版)
BS-TBS
12月11日(火)
21:00~22:54



メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー共演、リチャード・ドナー監督の刑事アクション第2弾「リーサル・ウェポン2/炎の約束」、NHK BSプレミアムで12月11日(火)放送。




メル・ギブソンダニー・グローバー共演の刑事アクション第2弾「リーサル・ウェポン2/炎の約束」、NHK BSプレミアムで12月11日(火)放送。
リーサル・ウェポン2
リチャード・ドナー監督メル・ギブソンダニー・グローヴァー共演で描いた刑事アクション第2弾「リーサル・ウェポン2/炎の約束」(原題 Lethal Weapon 2)
1989年10月21日(土)に公開され、配収6.1億円。
巨大な国際麻薬組織に立ち向かうロス市警の無鉄砲刑事と家族思いのベテラン刑事の2人の戦いを描く…

LA市警最強のコンビ、リッグスとマータフは、巨大麻薬組織と南アフリカ駐米大使ラッドが手を結んでいるという情報を入手する。捜査を進めるにつれ、組織からの妨害もひどくなり、リッグスの怒りがついに頂点に達する…

監督・製作を手掛けたシリーズ第2弾。
マーチン・リッグス刑事にはメル・ギブソン。
黒人刑事ロジャー・マータフにはダニー・グローヴァー
レオ・ゲッツにはジョー・ペシ
パッツィ・ケンジット、ジョス・アックランドほかが共演。
マイケル・ケイメンとエリック・クラプトンが音楽を担当。

メル・ギブソン、ダニー・グローヴァーのユーモアあふれ、息の合ったやりとりとリチャード・ドナー監督の迫力ある演出。前作よりもさらにパワーアップしたアクションが楽しめます。

★「リーサル・ウェポン2/炎の約束」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
12月11日(火)
13:00~14:55



メル・ギブソン、ダニー・グローヴァー共演、リチャード・ドナー監督の刑事アクション「リーサル・ウェポン」、NHK BSプレミアムで12月10日(月)放送。

メル・ギブソンダニー・グローヴァー共演の刑事アクション「リーサル・ウェポン」、NHK BSプレミアムで12月10日(月)放送。
リーサル・ウェポン
リチャード・ドナー監督メル・ギブソンダニー・グローバー共演で描いた刑事アクション「リーサル・ウェポン」(原題 Lethal Weapon)
1987年6月13日(土)に公開され、配収3.73億円。
家族思いのベテラン刑事と自殺願望がある無鉄砲刑事が女性転落死事件の背後に隠された真相を追う…

最愛の妻を亡くし、自殺志願の危険な男となったマーチン・リッグス刑事。そのリッグスの相棒は家族思いの定年間近の黒人刑事マータフだった。2人は墜落死した娼婦の背後に存在する大掛かりな麻薬組織を捜査し始める…

マーチン・リッグス刑事にはメル・ギブソン
黒人刑事ロジャー・マータフにはダニー・グローヴァー
ゲイリー・ビューシイミッチェル・ライアンほかが共演。
「グーニーズ」、「スーパーマン」の巨匠リチャード・ドナーが監督、製作
マイケル・ケイメンとエリック・クラプトンが音楽を担当。

反目し合う二人が徐々に互いを認め、やがて熱い友情の絆で結ばれていくバディ・ムービーの最高峰。メル・ギブソンとダニー・グローヴァーのアクションが思いっ切り楽しめます。

★「リーサル・ウェポン」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
12月10日(月)
13:00~14:51



ロバート・ゼメキス監督、マイケル・J・フォックス主演のSFアドベンチャーの傑作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、NHK BSプレミアムで12月10日(月)放送。




ロバート・ゼメキス監督マイケル・J・フォックス主演のSFアドベンチャーの傑作「バック・トゥ・ザ・フューチャー」、NHK BSプレミアムで12月10日(月)放送。
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ロバート・ゼメキス監督スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮マイケル・J・フォックス主演のSFアドベンチャー「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(原題 Back To The Future)
1985年12月7日(土)に公開され、配収36.5億円。
高校生のマーティは科学者ドクが発明したタイムマシンで過去にタイムスリップしてしまう…

時は1985年。科学者ドクの発明したタイムマシンのデロリアンで、1955年にタイムスリップしてしまった高校生のマーティ。そこで自分の両親になるはずのロレーンとジョージに出会う。だが、内気なジョージは彼女に告白できないまま、乱暴者のビフにこき使われる毎日。しかも、ロレーンがマーティに恋をしてしまう…

高校生のマーティ・マクフライにはマイケル・J・フォックス、タイムマシンを発明するエメット・ブラウン博士にはクリストファー・ロイド
マーティの母のロレインにはリー・トンプソン、ビフ・タネンにはトーマス・F・ウィルソン
監督はロバート・ゼメキス脚本はロバート・ゼメキスとボブ・ゲイル
製作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ
音楽はアラン・シルヴェストリ
back to the future
奇抜なアイデアと練られた演出で、今なお観る者を魅了し続けるロバート・ゼメキス監督の出世作であり、SFアドベンチャーの傑作です。

★「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(字幕スーパー)
NHK BSプレミアム
12月10日(月)
21:00~22:57



山田洋次監督、渥美清主演のシリーズ第9作「男はつらいよ 柴又慕情」、BSテレ東で12月9日(日)放送。




山田洋次監督渥美清主演のシリーズ第9作「男はつらいよ 柴又慕情」、BSテレ東で12月9日(日)放送。

山田洋次監督渥美清主演のシリーズ第9作「男はつらいよ 柴又慕情」。マドンナは吉永小百合
1972年8月5日(土)に公開され、配収5.1億円。
北陸の金沢で出会った3人娘のひとりの歌子と寅次郎の叶わぬ恋の行方を描く…

北陸で出会った3人娘のひとりの歌子に想いを寄せる寅次郎だったが、彼女は小説家の父親との関係に悩んでいた。故郷が恋しくなってまた柴又へ戻ったところ、歌子が寅次郎に会いにやってきて、寅次郎は心弾ませる…

山田洋次が監督・原作・脚本を手掛けたシリーズ第9作。
「フーテンの寅」こと車寅次郎にはおなじみの渥美清
2代目のおいちゃんには松村達雄、おばちゃんには三崎千恵子、妹のさくらには倍賞千恵子
今回のマドンナの歌子には吉永小百合

「ほら、見なよ。あの雲が誘うのよ。ただ、それだけのことよ」可憐で清楚なマドンナを演じる吉永小百合の魅力と渥美清のいつもの”寅さん”節がうまく融合していて、楽しめます。

★「男はつらいよ 柴又慕情」
BSテレ東 シネマジャパン
12月9日(日)
19:00~21:14



ブライアン・シンガー監督、ガブリエル・バーン、ケヴィン・スペイシー共演のクライム・サスペンス「ユージュアル・サスペクツ」、BS日テレで12月9日(日)放送。




ブライアン・シンガー監督ガブリエル・バーンケヴィン・スペイシー共演のクライム・サスペンス「ユージュアル・サスペクツ」、BS日テレで12月9日(日)放送。
%e3%83%a6%e3%83%bc%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%82%b5%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%af%e3%83%84
ブライアン・シンガー監督ガブリエル・バーンケヴィン・スペイシー共演で五人の前科者が集まった犯罪計画の顛末を描いたクライム・サスペンス「ユージュアル・サスペクツ」(原題 The Usual Suspects)
1996年4月13日(土)公開。
銃器強奪事件の面通しで集められた五人の前科者を主人公に歯車の狂い始めた犯罪計画をトリッキーかつ巧緻な構成で描く…

カリフォルニア州の埠頭で大爆発が発生し、27人が死亡。9100万ドル分の麻薬が消えた。捜査官はこの事件でただ一人無傷で生き残ったヴァーバルを尋問する。ヴァーバルは6週間前に銃器強盗事件の容疑者として集められた5人の男たちに起きた奇妙な出来事を語り始めた…

「X-MEN」シリーズのブライアン・シンガーが監督・製作、「アウトロー」、「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」のクリストファー・マッカリーが脚本を手掛けて作り上げたクライム・サスペンス。
五人の前科者の元汚職警官のディーン・キートンにはガブリエル・バーン、強盗コンビのマイケル・マクナマスにはスティーヴン・ボールドウィン、フレッド・フェンスターにはベニチオ・デル・トロ、爆破の専門家トッド・ホックニーにはケヴィン・ポラック、詐欺師のヴァーバル・キントにはケヴィン・スペイシー
関税特別捜査官クインランにはチャズ・パルミンテリ
第68回アカデミー賞でオリジナル脚本賞、ケヴィン・スペイシーが助演男優賞を受賞。
the-usual-suspects
ケヴィン・スペイシーの演技が光るサスペンス映画の傑作です。

★「ユージュアル・サスペクツ」(日本語吹替)
BS日テレ
12月9日(日)
14:00~15:55



渡辺邦男監督が長谷川一夫、市川雷蔵ほか大映オールスターキャストで映画化した時代劇の超大作「忠臣蔵」、BS朝日で12月8日(土)放送。




渡辺邦男監督長谷川一夫市川雷蔵ほか大映オールスターキャストで映画化した時代劇の超大作「忠臣蔵」、BS朝日で12月8日(土)放送。
忠臣蔵
長谷川一夫市川雷蔵ほか、大映オールスターキャストで贈る時代劇の超大作「忠臣蔵」
1958年4月1日(土)公開。
元禄15年12月14日の赤穂浪士47人の吉良邸討ち入りまでを壮大なスケールで描く…

元禄14年3月、赤穂城主・浅野内匠頭は吉良上野介刃傷の罪で即日切腹。浅野家は断絶となる。
しかしその翌年の12月14日、浅野家家老の大石内蔵助ら47人の浪士たちは吉良邸に討ち入り、主君の仇を晴らす…
忠臣蔵02

大石内蔵助には長谷川一夫、浅野内匠頭には市川雷蔵
鶴田浩二勝新太郎という豪華絢爛たる顔ぶれに加えて、女優陣も京マチ子山本富士子木暮実千代淡島千景若尾文子といった当時のトップスターを起用。吉良上野介には名優滝沢修。
監督は「エノケン」シリーズ、「姿三四郎」の渡辺邦男。

「忠臣蔵」の戦後映画化作品の中でも、もっとも浪花節的かつ講談調で娯楽性の高い、華やかで大らかな大映版超大作。「忠臣蔵」をこの時期に改めて見てみるのもいいかも。

★「忠臣蔵」
BS朝日 特別企画
12月8日(土)
13:00~15:54