11月19日はメグ・ライアンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

11月19日はメグ・ライアンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
メグ・ライアン
メグ・ライアンは1961年11月19日にコネチカット州フェアフィールドで生まれました。
コマーシャルで活躍し、1986年「トップガン」で注目を集め、1989年「恋人たちの予感」が大ヒット。
1993年「めぐり逢えたら」、1999年「ユー・ガット・メール」に出演し、、「ロマンティック・コメディの女王」と呼ばれ人気を博すようになりました。

メグ・ライアンの主な出演作品は次の通りです。
「恋人たちの予感」(原題: When Harry Met Sally)
恋人たちの予感
ロブ・ライナー監督ビリー・クリスタル共演で男女の友情を描いたロマンチック・コメディ。
1989年12月23日(土)に公開され、配収7.15億円。
大学卒業直後に出会ったサリーとハリーは数年後に再会し、「何でも話せる異性の友だち」というスタンスでつき合い続けていた…
「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーが監督・製作、「めぐり逢えたら」のノーラ・エフロンが脚本を担当、バリー・ソネンフェルドが撮影を担当。
いつ見ても色あせることのないロマンティック・コメディの傑作です。
メグ・ライアンはサリーを魅力的に演じ、この作品で一躍大スターの仲間入りに。

「めぐり逢えたら」(原題: Sleepless In Seatle)
めぐり逢えたら
ノーラ・エフロン監督トム・ハンクス共演でラジオ番組で心情を切々と語る男とこの番組を聞いたOLの運命的な出逢いを描いたラブ・ロマンス。
1993年12月11日(土)に公開され、配収12億円のヒット。
妻を亡くし、眠れぬ夜を過ごすシアトル在住の建築家サムと、シアトルから遠く離れたボルチモアに住む女性記者アニーの運命の恋を描く…
ノーラ・エフロンが監督・脚本を手掛け、優しいタッチでコミカルに、そしてロマンティックに描いたラブ・ストーリーの名作。主題歌の”When I Fall In Love”も名曲です。
メグ・ライアンは女性記者アニーをキュートに演じ、ラジオ番組で心情を切々と語るサムに魅かれていく…

「ユー・ガット・メール」(原題 You’ve Got Mail)
ユー・ガット・メール
ノーラ・エフロン監督トム・ハンクス共演で描いた電子メールで繋がるラブ・ロマンス。
1999年2月11日(金)に公開され、配収11.5億円のヒット。
小さな絵本の店を経営しているキャスリーンは電子メールで知り合った顔も知らない相手”NY152″に恋をしていた。実はその相手は彼女の店の近くにオープンした大型書店チェーンの御曹司ジョーだった…
ノーラ・エフロンが監督・脚本を手掛け、現実とメール上の2組のカップルの恋愛劇をハートウォーミングなストーリー展開で描かれていて、二人の魅力が楽しめるロブ・ロマンスの傑作です。
メグ・ライアンはキャスリーン・ケリーを演じ、泣いたり、笑ったり、怒ったりとナチュラルな表情が光ります。

「ニューヨークの恋人」(原題 Kate & Leopold)
ニューヨークの恋人
ジェームズ・マンゴールド監督ヒュー・ジャックマン共演で描いた現代のキャリアウーマンと19世紀の貴族が織り成す時を超えたラブ・ストーリー。
2002年6月15日(土)に公開され、興収7.5億円。
ニューヨークで広告会社で働くキャリアウーマンのケイトは過去の苦い経験からいまや男を諦め仕事一筋。そんなケイトの前に突然、クラシックな服を着て完壁な王立英語を話す不思議な男が現われる…
メグ・ライアンは広告会社で働くキャリアウーマンのケイト・マッケイを演じ、19世紀からやってきた貴族のレオポルドに魅かれていく…

最近ではあまり出演作品もなく、寂しい限りですが、メグ・ライアンの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です