11月13日は映画監督のゲイリー・マーシャルの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

11月13日は映画監督のゲイリー・マーシャルの誕生日。監督作で一番好きなのはどの作品ですか?
ゲイリー・マーシャル
ゲイリー・マーシャルは1934年11月13日にニューヨーク州ブロンクスで生まれました。
脚本家としてテレビのコメディシリーズを手掛け、テレビ番組の監督から映画監督になりました。

ゲイリー・マーシャルの主な監督作品は次の通りです。
「プリティ・ウーマン」(原題 Pretty Woman)
プリティ・ウーマン
ジュリア・ロバーツリチャード・ギア共演で描いた現代版「マイ・フェア・レディ」。
1990年12月14日(金)に公開され、配収31億円の大ヒット!!
ビバリーヒルズを舞台に娼婦のヴィヴィアンが実業家エドワードと出会い、次第に惹かれ合う姿を描く…
ジュリア・ロバーツはエレガントな淑女に変身していく娼婦のヴィヴィアンを演じ、第48回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門で主演女優賞を受賞。

「プリティ・プリンセス」(原題 The Princess Diaries)
プリティ・プリンセス
アン・ハサウェイジュリー・アンドリュース共演で描いた現代版”シンデレラ・ストーリー”。
2002年1月26日(土)に公開され、興収5.1億円。
内気でドジな女子高生のミアのもとに、祖母からジェノヴィア王国の王位継承話が舞い込む。ミアは平凡な生活が一変する中、悩みながらも”プリンセス”の運命と向き合っていく…
アン・ハサウェイは内気でドジな女子高生のミアを演じ、ジェノヴィア王国の”プリンセス”に変身していく姿を好演し、ブレイクするきっかけに。
https://www.youtube.com/watch?v=z8-RmatEn8M
「バレンタインデー」(原題: Valentine’s Day)
バレンタインデー
豪華キャストで年齢も職業も愛の形も様々な男女15人のバレンタインデーを描いたラブ・ストーリー。
ジェシカ・アルバジェシカ・ビールジェニファー・ガーナーキャシー・ベイツジュリア・ロバーツアン・ハサウェイアシュトン・カッチャーほか豪華キャストが共演。
2010年2月12日(金)に公開され、興収4.1億円。
愛する彼女にプロポーズした花屋の青年、飛行機で偶然隣り合わせになった男女、長年連れ添った夫に一生の秘密を告白する妻やバレンタインが大嫌いな恋人のいない独身女性など、さまざまな思いを抱えた人々のバレンタインデーを描く…

「ニューイヤーズ・イブ」(原題 New Year’s Eve)
ニューイヤーズ・イブ
豪華俳優を迎えて贈る大晦日のニューヨークで失くした絆を取り戻そうとする8組の人々に起きる再生と希望の物語。
ハル・ベリージェシカ・ビールジョン・ボン・ジョヴィロバート・デ・ニーロサラ・ジェシカ・パーカーミシェル・ファイファーヒラリー・スワンクザック・エフロンほか豪華キャストが共演。
2011年12月11日(金)に公開され、興収6.27億円のヒット。
大晦日のニューヨークを舞台にタイムズ・スクエアでのボール・ドロップのイベント、カウントダウン・パーティ、そして生と死を分かつ病院を中心に様々な人々の大晦日の一日を描く…

ジュリア・ロバーツやアン・ハサウェイがブレイクするきっかけを作り、様々なラブ・ストーリーを監督してきたゲイリー・マーシャル。
ゲイリー・マーシャルの監督作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です