アメリカで史上最悪の冤罪事件をコリン・ファース主演で映画化した「デビルズ・ノット」、見たいですか?

Pocket

アメリカで史上最悪の冤罪事件コリン・ファース主演で映画化した「デビルズ・ノット」(原題 Devil’s Knot)、11月14日(金)公開。
コリン・ファース、リース・ウィザースプーンの共演作、見たいですか?
デビルズ・ノット
1993年にアメリカで実際に起こった未解決事件で、逮捕された3人の少年に対する史上最悪の冤罪事件とも言われる「ウェスト・メンフィス3事件」を関係者の視点からスリリングに描く…

1993年の初夏、米アーカンソー州ウェスト・メンフィスで、児童たちが無残に殺される猟奇殺人事件が発生する。押し寄せたメディアによって報道は過熱し、田舎町の住民たちは、次第にパニックに陥っていく。やがて警察は若者3人を犯人と断定し、逮捕するが、そこに不自然さを感じた私立探偵のロン・ラックスは独自に調査を開始する…

1993年にアメリカで実際に起こった未解決事件「ウェスト・メンフィス3事件」を「スウィート ヒアアフター」のアトム・エゴヤン監督が映画化。
私立探偵のロン・ラックスにはコリン・ファース
被害者の母親パムにはリース・ウィザースプーン
デイン・デハーン、アレッサンドロ・ニヴォラ、ミレイユ・イーノスほかが共演。

アメリカで史上最悪の冤罪事件をどのように映画化しているのか、楽しみです。

「デビルズ・ノット」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です