11月6日は女優のエマ・ストーンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

11月16日は女優のエマ・ストーンの誕生日。出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
エマ・ストーン
エマ・ストーンは1988年11月6日にアリゾナ州スコッツデールで生まれました。
2007年にテレビシリーズ”Drive”のキャストメンバーとなり、またコメディ映画「スーパーバッド 童貞ウォーズ」で映画デビュー。
その後「ラブ・アゲイン」「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」で注目を集め、「アメイジング・スパイダーマン」でヒロインのグウェン・ステイシーに抜擢されました。

エマ・ストーンの主な出演作品は次の通りです。
「ラブ・アゲイン」(原題 Crazy, Stupid, Love)
ラブ・アゲイン
スティーヴ・カレルジュリアン・ムーアライアン・ゴスリング共演のラブ・コメディ。監督は「フィリップ、きみを愛してる!」のグレン・フィカーラとジョン・レクア。
2011年11月19日(金)公開。
幸せな人生を楽しんでいた40代中年男のキャルが、愛妻エミリーから何の前触れもなく離婚の話をされたことから巻き起こる騒動を描く…
エマ・ストーンはキャルの人生再起の手伝いをするプレイボーイのジェイコブが一目ぼれするハンナを演じ、ジェイコブと出会ったことでますます美しく、魅力的になっていく姿を熱演し、ピープルズ・チョイス・アワードの女優賞を受賞。

「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~」(原題 The Help)
ヘルプ ~心がつなぐストーリー~
実話から生まれたベストセラー小説をテイト・テイラー脚本・監督で映画化した勇気と感動の物語。
2012年3月31日(土)公開。
1960年代に出版された一冊の本「ヘルプ」。若き白人女性の手によって、黒人メイドたちの”心の声”を集めたその本は、アメリカ南部の小さな街に大騒動を巻き起こすことになる…
第84回アカデミー賞でオクタヴィア・スペンサーが助演女優賞を受賞。
エマ・ストーンは作家の卵のスキーターを演じ、最初は弱気だけども、黒人のメイドたちのの協力の元、どんどん自信を持ち、夢に向かっていく姿を熱演。

「アメイジング・スパイダーマン」(原題 The Amazing Spider-Man)
アメイジング・スパイダーマン_グウェン
マーベルの人気コミックをマーク・ウェブ監督アンドリュー・ガーフィールド主演でリブートさせたシリーズ第1弾。
2012年6月30日(金)に公開され、興収31.6億円の大ヒット。
特殊なクモに噛まれたことにより、超人的な能力を身に付けた青年ピーター・パーカーがさまざまな葛藤を乗り越え、悪に立ち向かっていく…
第2弾として「アメイジング・スパイダーマン2」が2014年4月25日(金)に公開され、興収30億円突破の大ヒット。
エマ・ストーンはピーター・パーカーが想いを寄せるグウェン・ステイシーを演じ、今までにない聡明で活発なヒロイン像を作り上げました。

「L.A.ギャング・ストーリー」(原題 Gangster Squad)
L.A. ギャング ストーリー
巨大なギャング組織と命がけで戦った実在の男たちの物語をジョシュ・ブローリンライアン・ゴズリングショーン・ペン共演で映画化。監督は新鋭のルーベン・フライシャー。
2013年5月3日(金)に公開され、興収2.7億円。
L.A.を牛耳るギャングのボス・コーエンの帝国を潰すため、L.A.市警の最強極秘チームが命懸けの戦いを挑む
エマ・ストーンはL.A.を支配する大物ギャングのミッキー・コーエンの愛人グレイス・ファラデーを演じ、妖艶な魅力を発揮。

これからのさらなる活躍を期待されるエマ・ストーン。
エマ・ストーンの出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です