マット・リーヴス監督が「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を語る特別映像はもう見ましたか?

Pocket

「猿の惑星: 創世記(ジェネシス)」から10年後の世界を描いた「猿の惑星:新世紀(ライジング)」(原題 Dawn Of The Planet Of The Apes)、9月19日(金)公開。
マット・リーヴス監督が「猿の惑星:新世紀(ライジング)」を語る特別映像が公開されましたが、もう見ましたか?
猿の惑星_新世紀02
マット・リーヴス監督が製作のプロセスを語ってくれ、メイキング映像も垣間見られて、非常に興味深い映像で、必見です。

「猿の惑星: 創世記(ジェネシス)」から10年後の2020年代のサンフランシスコ。
人類は10年前に自らが生み出したウイルスにより90%が死滅。
猿のヒーロー、シーザーの先導により、遺伝子進化した猿は増加し人類の存亡を脅かしていた。 地球の制圧権をかけた猿と人類の本格的戦いが繰り広げられる…

猿のリーダーのシーザーには前作に引き続き、アンディ・サーキスが”パフォーマンス・キャプチャー”の技術を用いて出演。
「華麗なるギャツビー」、「ホワイトハウス・ダウン」のジェイソン・クラークゲイリー・オールドマンケリー・ラッセルほかも出演。
監督は「クローバーフィールド/HAKAISHA」、「モールス」のマット・リーヴス

1968年に公開された「猿の惑星」の前日譚を描いた「猿の惑星: 創世記(ジェネシス)」は2011年10月7日(金)に公開され、興収24.2億円の大ヒット。
猿の惑星_創世記
「猿の惑星:新世紀(ライジング)」は全米で7月11日(金)に公開され、興収2億ドルを突破し、前作を上回る大ヒットで、評判もかなり高いようです。
9月13日(土)、14日(日)、15日(月)には先行上映も決定し、進化した猿たちと人類がどんな戦いを繰り広げるのか、楽しみです。

「猿の惑星:新世紀(ライジング)」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です