7月3日はトム・クルーズの誕生日。トム・クルーズ出演作で一番好きなのはどの作品ですか?

Pocket

7月3日はトム・クルーズの誕生日トム・クルーズ出演作で一番好きなのはどの作品ですか?
トム・クルーズ
トム・クルーズは1962年7月3日にアメリカ合衆国ニューヨーク州シラキュースに生まれました。
映画作品では1983年「卒業白書」の瑞々しい演技で注目され、1986年「トップガン」の世界的大ヒットでトップスターの仲間入りし、大ヒット作に次々と主演してきました。
卒業白書

主な映画出演作品は次の通りです。
「トップガン」(原題 Top Gun)
トップガン
トニー・スコット監督が米海軍のエリートパイロット養成訓練所”トップガン”に選ばれた血気盛んな主人公の挫折と成長をロックのリズムに乗せてテンポのいい映像で描いたスカイ・アクション。
1986年12月6日(土)に公開され、配収39.5億円の大ヒット。
ベルリンの歌う「愛は吐息のように:Take My Breath Away」はアカデミー賞とゴールデン・グローブ賞の主題歌賞を受賞し、ケニー・ロギンスの歌う「デンジャー・ゾーン」も大ヒット。
トム・クルーズは血気盛んな候補生のマーベリックを演じ、世界的大ヒットでトップスターの仲間入りを果たしました。

「7月4日に生まれて」(原題 Born On The Fourth Of July)
7月4日に生まれて
オリバー・ストーン監督がロン・コーヴィックの自伝的小説を映画化した戦争ドラマ。
1990年2月17日(土)に公開され、配収14.75億円のヒット。
1946年7月4日のアメリカ独立記念日に生まれ、愛国心溢れベトナム戦争に参加した青年が経験する、挫折と苦悩の日々を描く。
第62回アカデミー賞で監督賞と編集賞を受賞。
トム・クルーズはベトナム帰還兵のロン・コーヴィックを演じ、アカデミー賞主演男優賞にノミネート、第47回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門主演男優賞を受賞

「ミッション:インポッシブル」(原題 Mission Impossible)
ミッション・インポッシブル
トム・クルーズは米国極秘諜報機関のIMF(Impossible Mission Force)のエージェント、イーサン・ハントを好演し、初めて映画プロデューサー業にも進出。
第1作はブライアン・デ・パルマ監督で1996年7月13日(土)に公開され、配収35.5億円の大ヒット。
続編として2000年にジョン・ウー監督「M:I-2」(配収97億円)、2006年J・J・エイブラムス監督「M:I:Ⅲ」(興収51.5億円)、2011年ブラッド・バード監督「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」(興収53.8億円)が大ヒット。

「ラスト サムライ」(原題 The Last Samurai)
ラスト サムライ
エドワード・ズウィック監督が渡辺謙共演で明治初頭の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き様を描いたドラマ。
2003年12月6日(金)に公開され、興収137億円の大ヒット。
日本政府に軍隊の教官として招聘された南北戦争の英雄オールグレンが、敵である侍たちの武士道に惹かれていく…
トム・クルーズは日本政府に招かれたオールグレン大尉を演じ、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞にノミネート。

他にも1988年「レインマン」、1992年「ア・フュー・グッドメン」、1996年「ザ・エージェント」、2005年「宇宙戦争」など数多くの作品に主演。
最新作は7月4日(金)公開の「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
オール・ユー・ニード・イズ・キル02

これからもさらなる活躍が期待される俳優の一人ですが、トム・クルーズの主演作で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。