6月15日は「スタジオジブリ創設の日」。どの作品が一番好きですか?

Pocket

6月15日「スタジオジブリ創設の日」。どの作品が一番好きですか?
スタジオジブリ

「風の谷のナウシカ」を製作したトップクラフトが母体となり、1985年6月15日に徳間書店の出資によって株式会社として誕生しました。
風の谷のナウシカ
「スタジオジブリ」の名称は、サハラ砂漠に吹く熱風の“ghibli”、第二次世界大戦中のイタリア・カプローニ社の偵察/爆撃機“CAPRONI Ca309 GHIBLI”に由来しています。

スタジオジブリとしての第1回作品としては1986年8月2日(土)公開の宮崎駿監督・脚本「天空の城ラピュタ」
天空の城ラピュタ

1988年4月16日(土)公開の「となりのトトロ」(同時上映「火垂るの墓」)と続きます。
となりのトトロ

1997年7月12日(土)公開の「もののけ姫」が興収193億円。
もののけ姫

2001年7月20日(土)公開の「千と千尋の神隠し」が興収304億円。
千と千尋の神隠し

2004年11月20日(土)公開の「ハウルの動く城」が興収196億円。
ハウルの動く城

2008年7月19日(土)公開の「崖の上のポニョ」が興収155億円。
崖の上のポニョ
https://www.youtube.com/watch?v=kKnKgK-uws4
2013年7月20日(土)公開の宮崎駿監督「風立ちぬ」が興収120億円と国民的大ヒット!!
風立ちぬ

同じく2013年11月23日(土)公開の高畑勲監督・脚本「かぐや姫の物語」が興収21,2億円。
かぐや姫の物語

そして最新作は米林宏昌監督「思い出のマーニー」、7月19日(土)公開。
「思い出のマーニー」は、イギリスの作家ジョーン・ロビンソンの児童文学を映画化。海辺の村に住む孤独な少女アンナが不思議な少女マーニーに出会い、交流を深めていく…
思い出のマーニー

大ヒット作品を次々と生み出してきたスタジオジブリ。
スタジオジブリが製作してきた作品で一番好きなのはどの作品ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です