岡田准一、榮倉奈々共演の「図書館戦争」鑑賞。図書館にもう一度行ってみたい気にさせてくれます。

Pocket

岡田准一榮倉奈々共演の「図書館戦争」鑑賞。
図書館戦争
本を守るために必死に戦う図書隊の姿や図書隊が勤務する図書館を見ていると、図書館にもう一度行ってみたい気にさせてくれます。岡田准一、榮倉奈々のツンデレ関係はちょっと気恥ずかしくなるかくらいです。

1. 有川浩の代表作を「GANTZ」シリーズの佐藤信介が実写映画化
「フリーター、家を買う」、「阪急電車」などのベストセラー作家の有川浩「図書館戦争」シリーズは2006年に発売され、全4巻で構成、300万部を突破する大ベストセラーに。
漫画版が2007年にスタートし、2008年にはアニメ化。
そして2013年に「砂時計」、「GANTZ」シリーズの佐藤信介が実写映画化。
原作は未読ですが、国家によるメディアの検閲が正当化されている近未来の日本での図書隊とメディア良化委員会との戦いを「GANTZ」シリーズの佐藤信介らしい映像で楽しませてくれます。
本を守るために必死に戦う図書隊の姿や笠原郁が勤務する図書館を見ていると、図書館にもう一度行ってみたい気にさせてくれます。
国家によるメディアの検閲。あくまでも映画の世界での出来事ですが、このことが現実に起きて、好きな本を読む自由が奪われたら、国によりメディアが検閲されたら、どうなるのか。ちょっと怖くなります。
http://www.youtube.com/watch?v=UJpZfBH5M2k

2. 岡田准一、榮倉奈々の共演
榮倉奈々が”図書隊”の隊員にかつて助けてもらい、女性で初めて図書特殊部隊に配属された笠原郁を熱演。今までとはちょっと違った活発な男勝りだけども、助けてくれた”図書隊”の隊員に憧れる乙女心を開けっぴろげに演じてくれます。
図書館戦争03
担当教官・堂上篤には岡田准一。ちょっと融通の効かない担当教官を演じていて、「SP」のころよりもさらに大人に成長したことを実感します。
二人のツンデレな関係は見ていて、ちょっと気恥ずかしくなるくらいですが、コミカルで楽しめます。

3. 田中圭、福士蒼汰、橋本じゅんほか個性的な共演陣
堂上の同期の小牧を演じるのは田中圭。いつものほんわかした感じで、堂上を見守りつつ、無理をしている堂上を冷やかしたり、楽しませてくれます。
図書隊の隊長の玄田には橋本じゅん。ちょっと変わった役を演じることが多かっただけに、今回の熱血隊長ぶりには思わず笑ってしまいます。
図書館戦争02
笠原の同期の手塚には福士蒼汰。笠原にライバル意識を剥きだしつつ、エリートな役を演じていて、「仮面ライダーフォーゼ」のころよりさらなる成長を感じます。
ほかにも西田尚美栗山千明石坂浩二ほかが共演していて、笠原と堂上の二人を見守ってくれます。

有川浩の原作ではここ最近ではこの「図書館戦争」「県庁おもてなし課」が映画化、「空飛ぶ広報室」がTVドラマ化されていて、彼女のポテンシャルの高さをつくづく感じてしまい、他の小説も読んでみたくなりました。
また「図書館戦争」の小説や漫画版、アニメ版も見てみようかな、と思ったりしました。

「図書館戦争」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です