カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」の予告編はもう見ましたか?

Pocket

カンヌ国際映画祭でパルムドール<最高賞>を受賞した話題のラブ・ストーリー「アデル、ブルーは熱い色」(原題 La vie d’Adèle – Chapitres 1 et 2, Blue Is the Warmest Colour)、4月5日(土)公開。
アデル、ブルーは熱い色
予告編はもう見ましたか?
ジュリー・マロによるフランスの人気コミックを原作に、運命的に出会った女性同士の真っすぐな愛の行方を繊細に描き出す…

高校生のアデルは、道ですれ違ったブルーの髪の女に、一瞬で心奪われる。偶然再会を果たしたエマは、画家を志す美学生。アデルは身も心も一途に、エマにのめり込んで行く。数年後、教師になる夢を叶えたアデルは、エマの絵のモデルをつとめ、幸せな日々を送っていた…

第66回カンヌ国際映画祭でパルムドール<最高賞>を、審査委員長のスピルバーグを筆頭に全員一致で受賞。
本来は監督一人に授与されるこの賞を、主演女優のアデル・エグザルコプロスとレア・セドゥにも同時に贈るという、カンヌ史上初の快挙を達成。
ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞にもノミネートされ、NY批評家協会賞では外国語映画賞を受賞。

権威あるルイ・デリュック賞に2度も輝く巨匠アブデラティフ・ケシシュ監督がジュリー・マロによるフランスの人気コミックを映画化。
アデルにはアデル・エグザルコプロス、画家エマにはレア・セドゥ

運命的に出会った女性同士の真っすぐな愛の行方。どんなストーリーが展開するのか、楽しみです。

「アデル、ブルーは熱い色」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です