浅田次郎の直木賞受賞作を高倉健主演で映画化した「鉄道員(ぽっぽや)」、NHK BSプレミアムで10月13日(水)放送。

Pocket




高倉健主演で浅田次郎の直木賞受賞作を映画化した「鉄道員(ぽっぽや)」、NHK BSプレミアムで10月13日(水)放送。
鉄道員
高倉健降旗康男監督とタッグを組み、鉄道員(ぽっぽや)一筋に生きてきた男に舞い降りる奇跡の物語を描いた人間ドラマ「鉄道員(ぽっぽや)」
1999年6月5日(土)に公開され、配収20.5億円。
いつどんなときも駅に立ち続け、鉄道員(ぽっぽや)一筋に生きてきた男に舞い降りる奇跡の物語…

北海道の雪深い町にあるローカル線の小さな駅をたったひとりで守り続けてきた駅長・佐藤乙松。
一人娘を亡くした日も、最愛の妻を亡くした日も駅に立ち続けた乙松。そんな鉄道員としての誇りを持ち続けた男の元に一人の少女が現れる…

浅田次郎の直木賞受賞作を高倉健と何度もタッグを組んできた降旗康男監督が映画化。
佐藤乙松には高倉健
乙松の妻には大竹しのぶ、乙松の元に現れる少女には広末涼子
小林稔侍吉岡秀隆,、安藤政信ほかが共演。
第23回アカデミー賞では最優秀作品賞、最優秀主演男優賞など主要部門を独占。

筋金入りの鉄道員(ぽっぽや)として気概と誇りを胸に生きてきた佐藤乙松を高倉健が好演。高倉健の演技が光ります。

★「鉄道員(ぽっぽや)」
NHK BSプレミアム
10月13日(水)
13:00~14:53



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です