ダニエル・デイ=ルイス、「リンカーン」で”究極の役作り”について語る!!

Pocket

スティーブン・スピルバーグ監督の最新作「リンカーン」(原題: Lincoln)、大ヒット上映中。
リンカーン02
エイブラハム・リンカーンを演じ、アカデミー賞主演男優賞を受賞したダニエル・デイ=ルイスが”究極の役作り”について語るインタビュー映像が公開されました。

ダニエル・デイ=ルイス第85回アカデミー賞だけでなく、第70回ゴールデン・グローブ賞のドラマ部門、ニューヨーク映画批評家協会賞、ワシントンDC映画批評家協会賞など数多くの映画賞でも主演男優賞を受賞しているだけあって迫真の演技を見せてくれているだけに今回のインタビュー映像は非常に貴重なものです。
リンカーン_ダニエル
奴隷解放を実現させるためにリンカーンが奔放する姿を見ていると人を動かすために何が必要なのか、教えてくれます。ダニエル・デイ=ルイスの演技はアカデミー賞主演男優賞を受賞しているだけあり、迫真の演技です。
スティーブン・スピルバーグが12年間構想を温めてきただけあって、エイブラハム・リンカーの知られざる真実がスピルバーグらしく、丁寧にドラマティックに見せてくれます。
ただし南北戦争や奴隷解放のための憲法修正などの時代背景にはあまり馴染みがなく、細かい展開を理解するのにちょっと時間がかかってしまいましたが、後半ではその部分をも飲み込んでしまうようなドラマ展開に感動です。

「リンカーン」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です