8月6日は映画監督のM・ナイト・シャマランの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

Pocket




8月6日は映画監督のM・ナイト・シャマランの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

M・ナイト・シャマランは1970年8月6日にインドのポンディチェリーマヘで生まれました。
1999年に脚本・監督を務めた「シックス・センス」が商業的に成功し、その後「アンブレイカブル」「サイン」「ヴィレッジ」「ハプニング」「アフヌー・アース」「スプリット」などを監督。

M・ナイト・シャマランの主な監督作品は次の通りです。
「シックス・センス」(原題 The Six Sense)
シックス・センス
ブルース・ウィリス主演で描いた衝撃の傑作スリラー。M・ナイト・シャマランは監督・脚本。
1999年10月30日(土)に公開され、配収76.9億円。
精神科医・マルコムは、かつて担当していた患者の凶弾に倒れてしまう。リハビリを果たした彼は、複雑な症状を抱えた少年・コールの治療に取り掛かる事に。コールは常人には無い特殊な”第6感”、死者を見る事ができる能力を持っていた…
M・ナイト・シャマラン監督らしい張り巡らされた伏線と予測を遥かに超えた衝撃的な結末には唸らされます。

「アンブレイカブル」(原題 Unbreakable)
アンブレイカブル
ブルース・ウィリスサミュエル・L・ジャクソン共演のサスペンス・スリラー。M・ナイト・シャマランは監督・脚本・製作。
2001年2月10日(土)に公開され、興収29.5億円。
131人もの乗客・乗員が死亡するという凄惨な列車事故で奇跡的に一人だけ助かった男が、ある日自分が不滅の肉体を持つ者”アンブレイカブル”であることを告げられる…
カメラアングル、セリフ、様々なシーンに意味があり、巧妙に計算されていて、楽しめます。

「サイン」(原題 Signs)
サイン
メル・ギブソンホアキン・フェニックス共演で突然現れたミステリー・サークルが引き起こす怪奇現象を描いたサスペンス・ミステリー。M・ナイト・シャマランは監督・脚本・製作。
2002年9月21日(土)に公開され、興収34億円。
平凡な一家に起きた妻の事故死をきっかけに、次々と起こる怪奇現象。ある朝、巨大なミステリーサークルが出現し、すべてが恐怖に変わっていく…
M・ナイト・シャマラン監督らしい緻密な展開が楽しめ、思わせぶりなシーンが続き、期待感を高めてくれます。

「ヴィレッジ」(原題 The Village)
ヴィレッジ
ホアキン・フェニックスブライス・ダラス・ハワードエイドリアン・ブロディ共演で周囲から隔絶された小さな村を舞台に描く禁断のミステリー・スリラー。M・ナイト・シャマランは監督・脚本・製作。
2004年9月11日(金)に公開され、興収17億円。
深い森に囲まれ、外界から隔離されたある村。村人は3つの掟を忠実に守っていたが、好奇心旺盛な青年ルシアスが森に足を踏み入れると決意したとき、森の中の「何か」が村人に恐ろしい警告を発し始める…
物語の「秘密」への伏線らしき要素が次々と提示され、緊張感をじわじわと高めてくれます。

「ハプニング」(原題 The Happening)
ハプニング
マーク・ウォルバーグ主演で普通の人々を突然死に追いやる<見えない脅威>の恐怖を描いたディザスター・サスペンス。M・ナイト・シャマランは監督・脚本・製作。
2008年7月26日(金)に公開され、興収12.7億円。
大勢の人間が次々と自ら命を絶つという異常現象が発生、原因が分からないまま逃げまどう人々がパニックに陥っていく…
ある時突然始まる不可解な現象にはワクワクさせてくれ、期待感を高めてくれます。

「アフター・アース」(原題 After Earth)
アフター・アース
ウィル・スミスが自らの原案をジェイデン・スミスとの親子共演で描いたSFアクション大作。M・ナイト・シャマランは監督・製作、共同脚本。
2013年6月20日(金)に公開され、興収9.3億円。
人類が去ってから1,000年後、禁断の”超危険惑星”と化した地球を舞台に、不時着した伝説の戦士・サイファとその息子の壮絶なサバイバルを描く…
第34回ゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)でジェイデン・スミスが最低男優賞、ウィル・スミスが最低助演男優賞、最低スクリーン・コンボ賞の3部門を受賞。
ウィル・スミスとジェイデン・スミスの親子共演が楽しめるSFアクションです。

「スプリット」(原題 Split)

ジェームズ・マカヴォイ主演で多重人格の男に誘拐された女子高校生3人組の恐怖を描いたサイコ・スリラー。M・ナイト・シャマランが監督・脚本・製作。
2017年5月12日(金)公開。
女子高生3人は謎の男に誘拐、監禁されるが、その男には23もの人格があり、人格が激しく入れ替わっていく…
多重人格の男を演じたジェームズ・マカヴォイとヒロインの複雑な境遇を抑えた表情で演じたアニャ・テイラー=ジョイの熱演が光ります。

「ミスター・ガラス」(原題 Glass)

ブルース・ウィリスサミュエル・L・ジャクソンジェームズ・マカヴォイ共演で2000年公開「アンブレイカブル」と2017年公開「スプリット」をクロスオーバーさせたスリラー。
2019年1月18日(金)公開。
ある施設に不死身の肉体を持つデヴィッド、生涯で94回も骨折した繊細な肉体を持つ”ミスター・ガラス”、そして24の人格を持つケヴィンが集められる…
「アンブレイカブル」、「スプリット」に続く三部作の完結編。M・ナイト・シャマラン監督独特の世界観が楽しめます。

2010年「エアベンダー」では第31回ゴールデンラズベリー賞で最低映画賞、最低脚本賞、最低監督賞、最低助演男優賞、最も3Dの使い方が間違っている映画賞の5部門、2013年「アフター・アース」では第34回ゴールデン・ラズベリー賞で最低男優賞、最低助演男優賞、最低スクリーン・コンボ賞の3部門を受賞。
エアベンダー
M・ナイト・シャマランの監督作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です