大林宣彦監督が尾道にある海辺の映画館を舞台に描いた「海辺の映画館 キネマの玉手箱」、7月31日(金)公開。

Pocket




大林宣彦監督が20年ぶりに故郷の尾道で撮影し、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で戦争の歴史をたどったドラマ「海辺の映画館 キネマの玉手箱」、7月31日(金)公開。

尾道の海辺にある映画館「瀬戸内キネマ」で3人の若者がスクリーンの世界にタイムリープし、戦争の歴史を辿りながら、時代を駆けめぐる…

尾道の海辺にある唯一の映画館「瀬戸内キネマ」で「日本の戦争映画大特集」のオールナイト興行を見ていた若者3人がスクリーンの世界にタイムリープし、戊辰戦争、日中戦争、沖縄戦、そして原爆投下前夜の広島へと時代を駆けめぐる…

大林宣彦監督が20年ぶりに故郷の尾道で撮影。切なる”平和への希求”と”映画への愛”が込められた物語。
タイムリープする三人の若者の毬男には厚木拓郎、鳳介には細山田隆人、茂には細田善彦
吉田玲成海璃子山崎紘菜常盤貴子ほかが共演。


戦争の歴史を辿りながら、無声映画、トーキー、アクション、ミュージカルと様々な映画表現で展開。

「海辺の映画館 キネマの玉手箱」公式サイト

「海辺の映画館 キネマの玉手箱」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。