2020年上半期洋画興行収入トップ10。どの作品を見ましたか?

Pocket




2020年上半期洋画興行収入トップ10。どの作品を見ましたか?

2020年上半期洋画興行収入トップ10が発表。
1位は「アナと雪の女王2」の133.5億円。
2位は「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」の72.7億円。続いて「パラサイト 半地下の家族」46.6億円、「キャッツ」12.8億円、「フォードvsフェラーリ」9.0億円、「1917 命をかけた伝令」7.9億円…
2月以降は新型コロナウィルスの感染のため新作が続々と延期され、映画業界も大打撃を受けてしまいましたが、トップ10でどの作品を見ましたか?

1位「アナと雪の女王2」(原題 Frozen 2)

世界中で社会現象を巻き起こしたディズニー・アニメ「アナと雪の女王」の続編。前作に引き続きクリス・バックとジェニファー・リーが監督
2019年11月22日(金)に公開され、興収133.5億円。
姉エルサと妹アナはエルサにしか聞こえない不思議な歌声に導かれ、エルサの魔法の力の秘密を解き明かす冒険に出かける…

2位「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」(原題 Star Wars: The Rise of Skywalker)

J.J.エイブラムスが監督・脚本を手掛けた新3部作の最終章。デイジー・リドリーアダム・ドライヴァージョン・ボイエガオスカー・アイザックほかが共演。
2019年12月20日(金)に公開され、興収72.7億円。
レイとカイロ・レンの対峙、空を埋め尽くすレジスタンスの戦艦とミレニアム・ファルコン。抱き合うレイとレイア。レイとカイロ・レンの共闘…
J.J.エイブラムスは「40年間に渡って作られてきたストーリー、スカイウォーカー・サーガの終わりです」とコメント。

3位「パラサイト 半地下の家族」(原題 Parasite)

ポン・ジュノ監督ソン・ガンホ主演で韓国社会の闇を描いたブラック・コメディ。
2020年1月10日(金)に公開され、興収46.6億円。
全員無職で半地下の家で暮らすキム一家が徐々に裕福なパク家に入り込み、寄生していく…
第92回アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞の4部門、第72回カンヌ国際映画祭でパルム・ドール、第77回ゴールデン・グローブ賞で外国語映画賞を受賞
富裕層に寄生していく貧困層のキム一家を通して、シニカルに描かれる格差と分断の問題。いろいろなことを考えさせられ、心に突き刺さってきます。

4位「キャッツ」(原題 Cats)

大ヒットミュージカルをトム・フーバー監督ジェニファー・ハドソン、テイラー・スウィフト、ジュディ・デンチほか豪華俳優陣で実写映画化。
2020年1月24日(金)に公開され、興収12.8億円。
名曲「メモリー」に合わせて繰り広げられる「猫たちの人生を変える特別な夜の物語」。
“生歌”にこだわったトム・フーバー監督はキャスト陣が撮影現場で響かせた歌を収録。歌唱力を認められたキャストたちの演技。

5位「フォードvsフェラーリ」(原題 Ford v. Ferrari)

ジェームズ・マンゴールド監督マット・デイモンクリスチャン・ベイル共演で伝説のレースで絶対王者に挑んだ男たちの奇跡の実話を映画化。
2020年1月10日(金)に公開され、興収9.0億円。
1966年のル・マン24時間耐久レースで絶対王者フェラーリに挑んだフォード・モーターの男たちを描いた奇跡の実話を描く…
第92回アカデミー賞で音響編集賞、編集賞の2部門受賞。
限られた資金と時間の中で、ル・マン24時間レースに臨むカー・エンジニアのキャロル・シェルビーと破天荒なドライバーのケン・マイルズ。車を通して育まれる男同士の友情、そして絶対王者に挑む彼らの熱きドラマ。

6位「1917 命をかけた伝令」(原題 1917)

サム・メンデス監督ジョージ・マッケイベネディクト・カンバーバッチコリン・ファース共演で第一次世界大戦の若きイギリス兵のある一日を描いたドラマ。
2020年2月14日(金)に公開され、興収7.9億円。
第一次世界大戦を舞台に若きイギリス兵スコフィールドとブレイクが最前線にいる1600名の仲間の命を救う重要な伝令を届けるため敵の陣地を駆け抜ける…
第92回アカデミー賞で視覚効果賞、録音賞、撮影賞の3部門第77回ゴールデン・グローブ賞でドラマ部門の作品賞、監督賞の2部門を受賞
兵士たちの動き、息づかいを体感し、究極の没入感へ導くための驚異のワンショット撮影を実現。

7位「ミッドサマー」 (原題 Midsommar)

「ヘレディタリー 継承」のアリ・アスターが監督・脚本を手掛け、スウェーデンの奥地を舞台に描いた異色ミステリー。
2020年2月21日(金)に公開され、興収6.8億円。
思いがけない事故で家族を亡くした大学生のダニーはスウェーデンの奥地を訪れるが、楽園に見えた村に不穏な空気が漂い始める…
暗闇とは真逆の明るい祝祭を舞台に、天才的な発想と演出、緻密な脚本、極彩色の映像美が一体となった前代未聞の”フェスティバル・スリラー”。

8位「ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 Birds of Prey」(原題 Birds of Prey)

マーゴット・ロビー演じるハーレイ・クイン主演の「スーサイド・スクワッド」のスピンオフ。元新聞記者という異色の経歴を持つキャシー・ヤンがDC初のアジア系女性監督
2020年3月20日(金)に公開され、興収4.9億円。
ジョーカーと別れ新たな人生を歩み始めたハーレイ・クインが”覚醒”を求めるワケありな女性たちと出会い、自由を勝ち取るためチームを組む…
ジョーカーと別れて髪を切り、モラルゼロで暴れまくる天真爛漫な”悪カワ”ハーレイ・クインが覚醒。

9位「ジョジョ・ラビット」(原題 Jojo Rabbit)

タイカ・ワイティティ監督が第二次世界大戦下を舞台に描いた”反ヘイト風刺劇”。
2020年1月17日(金)に公開され、興収3.9億円。
第二次世界大戦下のドイツを舞台に空想上の友だち”アドルフ・ヒトラー”を頼りにするいじめられっ子のジョジョは母親がユダヤ人の少女を匿っているのに気付く…
トロント国際映画祭で最高賞の「観客賞」を受賞、第92回アカデミー賞で脚色賞を受賞。
戦争や憎悪、差別といったテーマをえぐりながら、ハートフル・コメディとして戦時下における人々の生きる喜びを描いた”反ヘイト風刺劇”。

10位「バッドボーイズ フォー・ライフ」(原題 Bad Boys for Life)

ウィル・スミスマーティン・ローレンス主演のアクション映画「バッドボーイズ」の17年ぶりの新作となるシリーズ第3弾。「見るべき10人の監督たち」に選出された新鋭アディル・エル・アルビ、ビラル・ファラーが監督
2020年1月31日(金)に公開され、興収3.1億円。
犯罪都市マイアミを舞台に、金持ちでプレイボーイのマイクと家族を大切にし、引退を考えるマーカスの刑事コンビが、型破りな捜査を繰り広げる…
マイアミ、カーチェイス、悪ノリ…前作から17年ぶりの新作。

2020年上半期は新型コロナウィルスの影響で大打撃を受けてしまいましたが、2020年洋画トップ10でどの作品を見ましたか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です