ダン・ブラウンの小説「ロバート・ラングドン」シリーズの出版秘話を元にしたミステリー「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」、1月24日(金)公開。

Pocket




ダン・ブラウンの小説「ロバート・ラングドン」シリーズの出版秘話を元にレジス・ロワンサルが監督・脚本を手がけたミステリー「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」(原題 Les traducteurs)、1月24日(金)公開。

シリーズ4作目「インフェルノ」出版時、違法流出防止のため各国の翻訳家たちを秘密の地下室に隔離して翻訳を行ったという前代未聞のエピソードを題材に描く…

ミステリー小説「デダリュス」完結編を世界で同時に発売するため、洋館の地下室に9か国の翻訳家が集められる。翻訳家たちは外部との接触を一切禁止され、毎日20ページだけ渡される原稿の翻訳作業に没頭していた。しかしある夜、出版社社長のもとに「デダリュス」の冒頭をインターネットに公開したというメールが届く。そこには、指定時間内に金を支払わなければ次の100ページ、要求を拒めば全てのページを流出させると書かれていた…

ダン・ブラウンの小説「ロバート・ラングドン」シリーズの出版秘話を元に「タイピスト!」のレジス・ロワンサルが監督・脚本を手がけたミステリー。
出版社の社長には「神々と男たち」のランベール・ウィルソン、翻訳家には「007 慰めの報酬」のオルガ・キュリレンコ、「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」のアレックス・ロウザーほか。

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ出版秘話から生まれたデジタル時代ならではの仕掛けをちりばめた本格ミステリー。

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」公式サイト

「9人の翻訳家 囚われたベストセラー」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です