ガル・ガドット主演の最新作「ワンダーウーマン1984」のUS版予告が公開。

Pocket




ガル・ガドット主演の最新作「ワンダーウーマン1984」(原題 Wonder Woman 1984)、全米では2020年6月5日(金)、日本では2020年6月公開。

US版予告が公開されましたが、見ましたか?

“欲望が溢れる狂乱”の時代1984年。最愛の恋人スティーヴを失い、悲しみや孤独と向き合うダイアナの前に死んだはずのスティーヴが現れるが、それは世界の破滅の始まりだった…大衆を扇動する起業家のマクスウェル・ロード、チーターことバーバラ・ミネルヴァが現れる…

TVドラマ化もされたDCコミックスの人気ヒロインのワンダーウーマン
ガル・ガドット演じるワンダーウーマンは2016年4月29日(金)に公開され、興収18億円を挙げた「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(原題 Batman v Superman Dawn of Justice)に初登場。
バットマン vs スーパーマン

「ワンダーウーマン」(原題 Wonder Woman)は2017年8月25日(金)に公開され、興収13.4億円。

「ジャスティス・リーグ」(原題 Justice League)は2017年11月23日(祝・木)に公開され、興収9.6億円。

「ワンダーウーマン」に引き続きパティ・ジェンキンスが監督・脚本
ワンダーウーマンことダイアナにはガル・ガドット

スティーヴ・トレバーにはクリス・パイン

チーターことバーバラ・ミネルヴァにはクリステン・ウィグ

金持ちの起業家であり、政治的野心を抱くマクスウェル・ロードにはペドロ・パスカル

アマゾン族の女王ヒッポリタ女王にはコニー・ニールセン
アンティオペ将軍にはロビン・ライト
音楽はハンス・ジマー

ヨーロッパ、中東をはじめとする世界中を舞台に、アクション、スケールも格段にパワーアップ。

「ワンダーウーマン1984」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。