西田敏行、三國連太郎共演、栗山富夫監督の人気シリーズ第6弾「釣りバカ日誌6」、BSテレ東で11月2日(土)放送。

Pocket




西田敏行三國連太郎共演、栗山富夫監督の人気シリーズ第6弾「釣りバカ日誌6」、BSテレ東で11月2日(土)放送。

西田敏行三國連太郎共演、栗山富夫監督の人気シリーズ第6弾「釣りバカ日誌6」。マドンナは久野綾希子。ゲストは喜多嶋舞豊川悦司
1993年12月25日(土)に公開され、配収15.7億円。
岩手県釜石市で講演会にかこつけて釣りを楽しむハマちゃんとスーさんだったが、宿泊先でハマちゃんが社長、スーさんが運転手だと勘違いされてしまう…

岩手県釜石市で行われる講演会にかこつけてアイナメ釣りを楽しむハマちゃんとスーさん。ところが宿泊先でハマちゃんが社長、スーさんが運転手と間違えられてしまう。 ここぞとばかりにスーさんはハマちゃんに一日だけの身代わりを頼み、美人の仲居の澄子と釣りに出かけてしまう。一方のハマちゃんは、鈴木建設社長として文化講演会で講演することに…

作・やまさき十三、画・北見けんいちの人気コミックを栗山富夫が監督山田洋次が脚本を手掛けて映画化した「釣りバカ日誌」シリーズ。

釣りバカ”ハマちゃん”こと浜崎伝助には西田敏行
“スーさん”こと鈴木一之助には三國連太郎
ハマちゃんの妻みち子には石田えり、課長の佐々木には谷啓、ハマちゃんの隣人の太田八郎には中本賢
釜石市のホテルの仲居の本間澄子には久野綾希子。澄子の娘の佳奈には喜多嶋舞、記者の立花には豊川悦司
ロケ地は岩手県釜石市

「社長:ハマちゃん、運転手:スーさん」という逆転の発想でストーリーが展開。対照的な個性を役割転倒して笑いを誘ってくれます。

★「釣りバカ日誌6」
BSテレ東 シネマジャパン
11月2日(土)
18:30~20:54



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です