トム・クランシーの小説をケネス・ブラナー監督がクリス・パイン主演で映画化した「エージェント:ライアン」、BS日テレで11月1日(金)放送。

Pocket




トム・クランシーの小説ケネス・ブラナー監督クリス・パイン主演で映画化したインテリジェンス・スパイ・アクション「エージェント:ライアン」、BS日テレで11月1日(金)放送。
エージェント:ライアン
「ジャック・ライアン」シリーズ第5弾、クリス・パイン主演、ケネス・ブラナー監督の「エージェント:ライアン」(原題 Jack Ryan: Shadow Recruit)
2014年2月15日(土)に公開され、興収5.2億円。
経済アナリストからCIAエージェントにリクルートされたスパイ経験ゼロのジャック・ライアンが、天才的情報分析力で巨大な謎を解析し、ポスト911の全く新しい世界規模の次世代テロに挑む…

全世界を標的とした大規模テロ計画がロシアで発覚。CIAはこの真相を暴くため、ウォール街で活躍する頭脳明晰の若き経済アナリストのジャック・ライアンをスカウト。現場の最前線へ突然放り込まれた彼を待ち受けていたのは、ある恐るべき巨大な陰謀だった。世界経済を牛耳る謎めいた実業家。交渉現場に突然現れたフィアンセ。そして不可解な行動をとるCIA上官…

世界的ベストセラー作家のトム・クランシーの全世界で累計約1億冊を突破した人気小説「ジャック・ライアン」シリーズ
「レッド・オクトーバーを追え!」、「パトリオット・ゲーム」、「今そこにある危機」、「トータル・フィアーズ」が製作され、アレック・ボールドウィン、ハリソン・フォード、ベン・アフレックがライアンを演じてきた人気シリーズ。
Jack Ryan

ケネス・ブラナー監督が若きジャック・ライアンの活躍を描いたシリーズ第5弾。
ジャック・ライアンには「スター・トレック」シリーズのクリス・パイン
フィアンセのキャシーにはキーラ・ナイトレイ、ジャック・ライアンをリクルートするCIA上官のウィリアム・ハーバーにはケヴィン・コスナー
世界経済を牛耳る謎めいた実業家にはケネス・ブラナー
エージェント:ライアン02
若きジャック・ライアンがCIAエージェントとして活躍するまでを描いていて、クリス・パインの瑞々しい演技が光ります。

★「エージェント:ライアン」(字幕スーパー)
BS日テレ
11月1日(金)
21:00~22:54



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です