世界的に有名な児童文学をロバート・ダウニー・Jr主演で映画化した「ドリトル(仮)」の海外版予告編が公開。

Pocket




世界的に有名な児童文学をロバート・ダウニー・Jr主演で映画化した「ドリトル(仮)」(原題 Dolittle)、全米で2020年1月17日(金)公開。
海外版予告編が公開されましたが、見ましたか?

妻を亡くして、動物たちと隠居してきたイングランドの医者で獣医のドリトルが病に倒れた若きヴィクトリア女王を救うべく治療薬探しの壮大な旅に出る…

ヒュー・ロフティングの児童文学「ドリトル先生」シリーズを「シリアナ」のスティーヴン・ギャガンが監督・脚本を手掛けて映画化。

イングランドの医者で獣医のドリトルにはロバート・ダウニー・Jr
若きヴィクトリア女王にはテレビドラマ「チェルノブイリ」のジェシー・バックリー
アントニオ・バンデラスハリー・コレットほかが共演。
動物の声の出演ではボイスキャストではドリトル先生の犬ジップにはトム・ホランド、オウムのポリネシアにはエマ・トンプソン、アヒルのダブダブにはオクタヴィア・スペンサー、キツネのチュチュにはマリオン・コティヤール、トラのバリーにはレイフ・ファインズ、ダチョウのプリンプトンにはクメイル・ナンジアニ、ゴリラのチーチーにはラミ・マレック、キリンのベッツィーにはセレーナ・ゴメス

全米で2020年1月17日(金)公開、日本での公開情報は現段階では未定ですが、ドリトル演じるロバート・ダウニー・Jrがどんな演技を見せてくれるのか、楽しみです。

「ドリトル(仮)」US公式facebookページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です