10月17日は映画監督のロブ・マーシャルの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

Pocket




10月17日は映画監督のロブ・マーシャルの誕生日。監督作でどの作品が好きですか?

ロブ・マーシャルは1960年10月17日にウィスコンシン州マディソンに生まれました。
カーネギー・メロン大学を卒業後、ブロードウェイで舞台振り付け師として活動を始め、「蜘蛛女のキス」「キャバレー」などでトニー賞にノミネート。
ボブ・フォッシーの代表作を映画化した「シカゴ」で映画監督デビューし、第75回アカデミー賞で6部門を受賞。チャン・ツィイー、渡辺謙共演の「SAYURI」、ダニエル・デイ=ルイス主演の「NINE」、ジョニー・デップ主演の「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」、人気ブロードウェイ・ミュージカルをメリル・ストリープほか豪華俳優共演で映画化した「イントゥ・ザ・ウッズ」を監督。

ロブ・マーシャルの監督作は次の通りです。
「シカゴ」(原題 Chicago)
シカゴ
トニー賞受賞の大ヒット・ミュージカルをレニー・ゼルウィガーリチャード・ギアキャサリン・ゼタ=ジョーンズ共演で映画化。
2003年4月19日(金)に公開され、興収35億円。
愛人を射殺した罪で収監されたスターを夢見るロキシーと、刑務所で出会った憧れの大スターのヴェルマの名声を懸けた争いを描く…
第75回アカデミー賞で作品賞、キャサリン・ゼタ=ジョーンズが助演女優賞、美術賞、衣装デザイン賞、音響賞、編集賞の6部門第60回ゴールデン・グローブ賞でコメディ・ミュージカル部門の作品賞、リチャード・ギアが主演男優賞、レニー・ゼルウィガーが主演女優賞を受賞。
レニー・ゼルウィガー、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、リチャード・ギアが見事な歌と踊りを披露。ミュージカル映画の傑作です。

「SAYURI」(原題 Memoirs of a Geisha)
SAYURI
チャン・ツィイー渡辺謙共演で京都の祇園を舞台に 一人の芸者の数奇な運命を描いたドラマ。
2005年12月10日(土)に公開され、興収15.5億円。
舞台は京都の祇園。花街に売られた少女の千代は下働きの厳しさと先輩からの苛めに挫けそうになりながらも、ある出会いを機に花街一の芸者となっていく…
第78回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞の3部門受賞。
チャン・ツィイー、ミシェル・ヨー、渡辺謙、役所広司,、桃井かおりといったアジアを代表するスターの豪華な共演と豪華絢爛な映像美が楽しめる作品です。

「NINE」(原題: NINE)
NINE
ダニエル・デイ=ルイスマリオン・コティヤールペネロペ・クルス共演でイタリアを舞台に生粋のイタリア男で天才映画監督と彼を愛する女たちのセクシーな大人の愛を描いたミュージカル映画。
2010年3月19日(金)に公開され、興収7.8億円。
新作公開を控えスランプに堕ちた映画監督グイド・コンティーニと、彼を愛する女たちが織り成す大人の愛をゴージャスでファッショナブルに描く…
ダニエル・デイ=ルイス、マリオン・コティヤール、ペネロペ・クルス、ニコール・キッドマン、ケイト・ハドソン、ジュディ・デンチ、ソフィア・ローレンほか豪華キャストによる豪華なミュージカルが楽しめます。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」(原題 Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides)
パイレーツ・オブ・カリビアン_生命の泉02
ジョニー・デップ演じる自由奔放な海賊ジャック・スパロウが繰り広げるアクション・アドベンチャーの第4弾。
2011年5月20日(金)に公開され、興収88.7億円。
永遠の命をもたらす伝説の”生命の泉”をめぐり、ジャック・スパロウが新たな冒険を繰り広げる…
前作から引き続きバルボッサを演じるジェフリー・ラッシュが出演、ペネロペ・クルス、イアン・マクシェーンが新しく参加。
前3作とはちょっと雰囲気は違いながらも、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズも持つアトラクション・ムービーとしての楽しさとハンス・ジマー節の音楽も健在で、138分ノンストップで楽しめます。

「イントゥ・ザ・ウッズ」(原題 Into The Woods)
イントゥ・ザ・ウッズ
人気ブロードウェイ・ミュージカルをメリル・ストリープジョニー・デップアナ・ケンドリッククリス・パインエミリー・ブラント共演で映画化。おとぎ話の主人公たち”のその後を描いた大人のための”アフター・ハッピーエンド”ミュージカル。
2015年3月14日(土)に公開され、興収24億円。
魔女のせいで、子どもを授かれないパン屋の夫婦が、呪いを解くため森の中へ。そこでシンデレラ、赤ずきん、ラプンツェルといったおなじみの童話の主人公たちに出会う…
おとぎ話の主人公たちが繰り広げる大人のブラック・ユーモアたっぷりのミュージカル。メリル・ストリープほか豪華俳優陣の共演は見応えあります。

「メリー・ポピンズ リターンズ」(原題 Mary Poppins Returns)

エミリー・ブラント主演で描いた「メリー・ポピンズ」の約50年ぶりの続編。
2019年2月1日(金)に公開され、興収11.1億円。
前作から20年後。1930年代のロンドン。大恐慌による貧困と母を失い、失意のバンクス一家の前にメリー・ポピンズが20年前と変わらぬ姿で現れ、とびっきりの魔法と歌とダンスで奇跡を起こしていく…
エレガントなメリー・ポピンズがとびっきりの魔法と歌とダンスで「人生を楽しむこと」の大切さ、「人生に不可能なことなどないこと」を教えてくれます。

これからもますます活躍を期待される監督の一人のロブ・マーシャル。
ロブ・マーシャルの監督作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です