伊坂幸太郎の小説を三浦春馬、多部未華子共演で映画化した恋愛群像劇「アイネクライネナハトムジーク」、9月20日(金)公開。

Pocket




伊坂幸太郎の小説今泉力哉監督三浦春馬多部未華子共演で映画化した恋愛群像劇「アイネクライネナハトムジーク」、9月20日(金)公開。

出会いを待つだけの会社員の佐藤はふとしたきっかけで紗季と付き合うが、二人の小さな出会いが回りの人々を巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす…

仙台駅前で街頭アンケートを集めていた会社員の佐藤は、ふとしたきっかけで紗季と出会い、付き合うようになる。二人の小さな出会いは、妻子に逃げられて途方にくれる佐藤の上司や、分不相応な美人妻と可愛い娘を持つ佐藤の親友、その娘の同級生家族、美人妻の友人で声しか知らない男に恋する美容師たちを巻き込み、10年の時をかけて奇跡のような瞬間を呼び起こす…

「アイネクライネナハトムジーク」とはモーツァルトの楽曲で「アイネ(ある)クライネ(小さな)ナハト(夜の)ムジーク(曲)」という意味。
ベストセラー作家の伊坂幸太郎とシンガーソングライターの斉藤和義の絆が生みだした恋愛小説集を「愛がなんだ」の今泉力哉監督が映画化。

会社員の佐藤には三浦春馬、紗季には多部未華子
原田泰造貫地谷しほり森絵梨佳ほかが共演。
主題歌「小さな夜」と劇中音楽はシンガーソングライターの斉藤和義が担当。

幸福な出会いの連鎖から生まれた奇跡のラブ・ストーリー。

「アイネクライネナハトムジーク」公式サイト

「アイネクライネナハトムジーク」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です