山田洋次監督、渥美清主演のシリーズ第48作にして最終作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」、BSテレ東で9月14日(土)放送。

Pocket




山田洋次監督渥美清主演のシリーズ第48作にして最終作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」、BSテレ東で9月14日(土)放送。

山田洋次監督渥美清主演のシリーズ第48作にして最終作「男はつらいよ 寅次郎紅の花」。マドンナは浅丘ルリ子が4度目の登場。
1995年12月23日(土)に公開され、配収11.6億円。
傷心の甥の満男は旅した奄美大島で寅次郎の元恋人のリリーと出会う。そして驚くことにそこには寅次郎も一緒にいた…

半年も音沙汰がない寅次郎。くるまやの面々は心配するが、テレビに阪神淡路大震災でボランティアをする寅次郎の姿を見つける。一方、初恋の泉が結婚することにショックを受けた満男は旅に出て、奄美大島にたどり着く。そこで寅次郎の元恋人のリリーと出会うが、そこには寅次郎も一緒にいた…
予告編です。

山田洋次が監督・原作・脚本を手掛けたシリーズ第48作にして最終作。
「フーテンの寅」こと車寅次郎にはおなじみの渥美清
3代目のおいちゃんには下條正巳、おばちゃんには三崎千恵子、妹のさくらには倍賞千恵子。寅次郎の甥の満男には吉岡秀隆
マドンナのリリーには4度目の登場となる浅丘ルリ子。及川泉には後藤久美子夏木マリ田中邦衛宮川大助・花子芦屋雁之助が共演。

「俺とこの女性は生まれる前から結ばれているんだよ。運命の不思議な糸に。なあ、リリー。」渥美清の遺作ともなってしまった作品で、寅次郎の登場シーンが少なく、元気があまりないのが気になりますが、寅次郎とリリーの運命の糸の絡まり合いがいい感じに出ています。

★「男はつらいよ 寅次郎紅の花」
BSテレ東 シネマジャパン
9月14日(土)
18:30~20:54



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です