「新・午前十時の映画祭」、28日(土)からは「レイダース/失われたアーク≪聖櫃≫」、「プリティ・ウーマン」、「カサブランカ」を上映。

Pocket

「新・午前十時の映画祭」、12月28日(土)から1月10日(金)までは「レイダース/失われたアーク≪聖櫃≫」「プリティ・ウーマン」、「カサブランカ」を上映。
新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作
「新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」ではブルーレイをはるかに超えるハイ・クオリティのデジタル上映を可能にした「デジタル シネマ パッケージ」(DCP)上映を採用。
名作25作品を1年にわたり、全国42劇場で上映します。
あの名作を大スクリーンで楽しむのもいいかも。

「レイダース/失われたアーク≪聖櫃≫」: Group A
1981年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督、ジョージ・ルーカス製作総指揮、ハリソン・フォード主演のアクション・アドベンチャー「レイダース/失われたアーク≪聖櫃≫」(原題: Raiders of the Lost Ark)
レイダース_失われたアーク
考古学者で冒険家のインディアナ・ジョーンズが、絶大な力を持つ伝説の宝アーク(モーセの十戒を収めた聖櫃)をめぐり、世界征服をたくらむナチスと争奪戦を繰り広げる…
インディのかつての恋人マリオンにはカレン・アレンデンホルム・エリオットジョン・リス=デイヴィスポール・フリーマンほかが共演。
アカデミー賞で特殊視覚効果賞など5部門を受賞。
ジョン・ウィリアムズの「レイダース・マーチ」とともに繰り広げられるインディ・ジョーンズの冒険、何度見てもワクワクしてきます。

「プリティ・ウーマン」: Group B
ビバリーヒルズを舞台にゲイリー・マーシャル監督がリチャード・ギアジュリア・ロバーツ共演で描いたロマンチック・ラブストーリー「プリティ・ウーマン」(原題: Pretty Woman)
プリティ・ウーマン
1990年12月14日(金)に公開され、配収31億円の大ヒット!!
実業家エドワードはビバリーヒルズで偶然、ヴィヴィアンという娼婦と出会う。
仕事一筋の彼にとって、無邪気な彼女との出会いは新鮮で、彼女にとっても彼の住む世界は眩しいものだった。二人は一週間だけのパートナーとしての契約を結び、一緒に暮らし始めるが…
ロイ・オービソン「オー・プリティ・ウーマン」に乗って、ジュリア・ロバーツが徐々にエレガントな淑女へと変身していく姿は見どころのひとつ。何度見てもジュリア・ロバーツの魅力が満載のラブストーリーです。

「カサブランカ」: Group C
ハンフリー・ボガートイングリット・バーグマン共演の永遠のラブ・ストーリー「カサブランカ」(原題: Casablanca)。1946年日本公開。
カサブランカ
1941年12月、フランス領モロッコの都市カサブランカ。ドイツの侵略によるヨーロッパの戦災を逃れるためアメリカへの亡命を図ろうとする人々が集まる街。アメリカ人男性のリックは経営する酒場「カフェ・アメリカン」で彼の元を去った恋人イルザ・ラントと偶然の再会を果たす…
リックにはハンフリー・ボガード、恋人のイルザにはイングリッド・バーグマン
監督は「夜も昼も」、「ホワイト・クリスマス」のマイケル・カーティス
第16回アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚色賞の3部門受賞。
主題歌「時の過ぎゆくまま」は、今も歌い継がれている名曲で、今だ色あせることのない永遠のラブ・ストーリーです。

上映劇場の詳細は「新・午前十時の映画祭 デジタルで甦る永遠の名作」公式サイトを参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です