半藤一利のノンフィクションを原田眞人監督が役所広司主演で描いた「日本のいちばん長い日」、BS-TBSで8月17日(土)放送。

Pocket




半藤一利のノンフィクション原田眞人監督役所広司本木雅弘共演で描いた群像歴史ドラマ大作「日本のいちばん長い日」、BS-TBSで8月17日(土)放送。
日本のいちばん長い日02
半藤一利のノンフィクション原田眞人監督役所広司本木雅弘共演で描いた群像歴史ドラマ大作「日本のいちばん長い日」
2015年8月8日(土)に公開され、興収13.2億円。
昭和天皇が太平洋戦争降伏を決定した1945年8月14日正午から、天皇自ら玉音放送で国民に終戦を知らせる8月15日正午までの激動の24時間を描く…

太平洋戦争末期の1945年7月、連合国軍にポツダム宣言受諾を要求された日本は降伏か本土決戦かに揺れ、連日連夜の閣議で議論は紛糾。結論の出ないまま広島、長崎に相次いで原子爆弾が投下される。一億玉砕論も渦巻く中、阿南惟幾陸軍大臣や鈴木貫太郎首相、そして昭和天皇は決断に苦悩する…

昭和史の大家の半藤一利の傑作ノンフィクション「日本のいちばん長い日」
大宅壮一の名で発表されたその作品を岡本喜八監督が1967年に三船敏郎加山雄三共演で映画化。
日本のいちばん長い日_1967
終戦70年という節目に「クライマーズ・ハイ」、「わが母の記」の原田眞人監督が新たに映画化。
陸軍大臣の阿南惟幾には役所広司
昭和天皇には本木雅弘。首相の鈴木貫太郎には山崎努、首相をサポートする迫水久常内閣書記官長には堤真一、終戦に反対しクーデターを決起する青年将校の畑中には松坂桃李
日本のいちばん長い日03
原田眞人監督らしく最初から最後まで緊迫感あふれるストーリー展開の連続。昭和天皇を演じ切った本木雅弘初め、陸軍大臣の阿南惟幾演じる役所広司、首相の鈴木貫太郎を演じる山崎努ほか俳優陣の迫真に迫った演技にはうならされます。

★「日本のいちばん長い日」
BS-TBS
8月17日(土)
21:00~23:24



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です