トム・クルーズ主演「トップガン」の続編「トップガン:マーヴェリック」の特報映像が公開。

Pocket




トム・クルーズ主演「トップガン」の続編「トップガン:マーヴェリック」(原題 Top Gun: Marverick)、2020年夏公開決定。
特報映像がついに公開されましたが、見ましたか?

「30年以上働き、勲章を受け、表彰もされた。過去40年間、3機もの敵機を落とす男は一人しかいなかった。しかし、昇進も引退もできるのに、君は死ぬことを拒否し続けたな。大佐、どうしてだ?」と上官に尋ねられ、マーヴェリックは答える「人生の謎ですよ…」

前作「トップガン」(原題 Top Gun)は1986年12月6日(土)に公開され、配収39.5億円。

トニー・スコット監督がトム・クルーズ主演で米海軍のエリートパイロット養成訓練所”トップガン”に選ばれた血気盛んな候補生のマーベリックの挫折と成長をロックのリズムに乗せてテンポのいい映像で描いたスカイ・アクション。
ベルリンの歌う「愛は吐息のように:Take My Breath Away」は第59回アカデミー賞と第44回ゴールデン・グローブ賞の主題歌賞を受賞し、ケニー・ロギンスの歌う「デンジャー・ゾーン」も大ヒット。
トム・クルーズは血気盛んな候補生のマーベリックを演じ、世界的大ヒットでトップスターの仲間入りを果たしました。

前作のトニー・スコット監督が死去され、「トロン:レガシー」、「オブリビオン」のジョセフ・コシンスキーが監督
プロデューサーにはジェリー・ブラッカイマーが再登板、脚本は「ハンガー・ゲーム THE FINAL」2部作のピーター・クレイグ、実写版「ジャングル・ブック」のジャスティン・マークス、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」のアシュリー・ミラー&ザック・ステンツ、「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」のクリストファー・マッカリーが共同で執筆
アイスマンにはヴァル・キルマーが復帰。マーヴェリックの親友グースの息子には「セッション」のマイルズ・テラー
ジェニファー・コネリーグレン・パウエルエド・ハリスほかが共演。
作品のトーンやスタイルは前作を踏襲し、音楽は前作のハロルド・フォルターメイヤーハンス・ジマーが担当。


全米では2020年6月26日(金)、日本では2020年夏公開。今から楽しみです。

「トップガン:マーヴェリック」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です