8月2日はサム・ワーシントンの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




8月2日はサム・ワーシントンの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

サム・ワーシントンは1976年8月2日にイングランド、サリー州ゴダルミングで生まれました。
2004年のオーストラリア映画“Somersault”オーストラリア映画協会賞主演男優賞を受賞。ピアース・ブロスナンの後任となるジェームズ・ボンド役にダニエル・クレイグとともに最終候補の一人に挙げられ、「ターミネーター4」で準主役に、ジェームズ・キャメロン監督「アバター」で主役に抜擢されました。
Sam Worthington GQ Australia May 2014

サム・ワーシントンの主な出演作品は次の通りです。
「ターミネーター4」(原題 Terminator Salvation)
ターミネーター4
マックG監督クリスチャン・ベイル共演で機械対人間の壮絶な戦いを描いた人気SFアクションシリーズ第4弾。
2009年6月13日(金)に公開され、興収33.2億円。
“審判の日”から10年後の2018年、機械軍<スカイネット>の猛攻により、人類は滅亡に瀕していた。人類軍の指導者となり、部隊を率いる勇敢な戦士、ジョン・コナーはリーダーとして立ち上がる…
サム・ワーシントンは物語の鍵を握る謎の男マーカス・ライトを熱演。
賛否両論ありますが、前3作とはかなり違ったテイストで、クリスチャン・ベイルとサム・ワーシントンの魅力が味わえます。

「アバター」(原題 Avatar)
アバター
ジェームズ・キャメロンが監督・脚本・製作・編集を務め、3Dなど最新映像テクノロジーを駆使して映像革命を起こしたSFアクション大作。シガーニー・ウィーバー、ゾーイ・サルダナ共演。
2009年12月23日(水)に公開され、興収156億円、全米で7.6億ドル、全世界で27.8億万ドル突破の大ヒット。
第82回アカデミー賞で撮影賞、美術賞、視覚効果賞の3部門を受賞。
地球から遥か離れた惑星・パンドラに住む原住民と接触するために計画された”アバタープロジェクト”に参加することになった元海兵隊員ジェイクの冒険と成長を描く…
サム・ワーシントンは元海兵隊員ジェイクを演じ、”アバタープロジェクト”に参加するうちにナヴィの狩猟部族の族長の娘ネイティリに惹かれていく…
構想14年、製作に4年以上の歳月を費やして作り上げているだけにその映像美は必見です。

アバター_02

「タイタンの戦い」(原題 Crash Of The Titans)
タイタンの戦い
ルイ・レテリエ監督リーアム・ニーソンレイフ・ファインズ共演で神々の王ゼウスの半神の子ペルセウスの冒険を描いたアクション・アドベンチャー超大作。
2010年4月23日(金)に公開され、興収15.6億円。
ギリシャ神話の世界を舞台に人類の存亡をかけ冥界の王ハデスとの戦いに挑む勇者ペルセウスが繰り広げる決死の冒険を迫力のスペクタクル映像で描く…
サム・ワーシントンゼウスの半神の子ペルセウスを熱演。
広大なスケールのスペクタクル映像と豪快なアクション・シーンが展開するギリシャ神話が楽しめます。

「タイタンの逆襲」(原題 Wrath of the Titans)

ジョナサン・リーベスマン監督リーアム・ニーソンレイフ・ファインズ共演で前作の10年後の世界を描いたアクション・アドベンチャー。
2012年4月21日(土)に公開され、興収7.15億円。
前作から10年。冥界に封印されていた巨神クロノスが覚醒し、世界の終焉を阻止するため、ペルセウスが再び立ち上がる…
ペルセウスとゼウスの父子のドラマはさらに深く、巨神クロノスを初めとした魔物たちとのバトルもさらにパワーアップ!!

「崖っぷちの男」(原題 Man On A Ledge)
崖っぷちの男
アスガー・レス監督が描く地上60メートル、幅35センチの崖っぷちに張りつめる、前代未聞のノンストップ・アクション・サスペンス。
2012年7月7日(土)公開。
ニューヨークの高層ホテルから飛び降りようとする”崖っぷちの男”が命を懸けてある駆け引きに挑む…
サム。ワーシントンは”崖っぷちの男”ニック・キャシディを熱演。
予測不可能なシーンの連続で、命がけで撮影されたからこそ臨場感が伝わってきます。

「ハイネケン 誘拐の代償」(原題 Kidnapping Mr. Heineken)
ハイネケン
世界的ビール会社「ハイネケン」が誘拐された実在の事件をダニエル・アルフレッドソン監督アンソニー・ホプキンス共演で映画化。
2015年6月13日(土)公開。
エミー賞受賞ジャーナリスト、ピーター・R・デ・ブリーズのベストセラーを元にオランダで実際に起きた経営者誘拐事件を誘拐犯と被害者双方の視点から謎多き事件の真相に迫る…
サム・ワーシントンは誘拐犯のリーダーの親友のヴィレムを熱演。
誘拐実行までのスピード感と誘拐後の心理戦、スリリングな展開が楽しめます。

「アバター」の続編への出演にも合意し、これからもさらなる活躍が期待されるサム・ワーシントン。出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です