俳優キウェテル・イジョフォーが初監督を手掛け、手作り風車で貧困を救った少年を描いた奇跡の実話「風をつかまえた少年」、8月2日(金)から全国順次公開。

Pocket




俳優キウェテル・イジョフォーが初監督を手掛け、手作り風車で貧困を救った少年を描いた奇跡の実話「風をつかまえた少年」(原題 The Boy Who Harnessed the Wind)、8月2日(金)からヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開。

世界で最も貧しい国のひとつと言われるアフリカのマウアイで14歳のウィリアムが風車で自家発電に成功した実話を映画化。

2001年、アフリカの最貧国のひとつマラウイを大干ばつが襲う。14歳のウィリアムは貧困で学費を払えず通学を断念するが、図書館で出合った1冊の本をきっかけに、独学で風力発電のできる風車を作り、畑に水を引くことを思いつく。しかし、雨乞いの祈祷をする村でウィリアムを理解する者はいなかった。だが、家族を助けたいという彼の思いが、徐々に周囲を動かしていく…

人口の2%しか電気を使うことができず、世界で最も貧しい国のひとつと言われるアフリカのマウアイで、少年が風車で自家発電に成功した実話を収め、世界23カ国で翻訳された感動のベストセラーを「それでも夜は明ける」の俳優キウェテル・イジョフォーが監督・脚本を手掛けて映画化。

14歳のウィリアムにはマクスウェル・シンバ
キウェテル・イジョフォーアイサ・マイガほかが共演。

“電気を起こす風車”で村を救った14歳の少年の奇跡の実話。

「風をつかまえた少年」公式サイト

「風をつかまえた少年」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です