一台のポラロイドカメラが巻き起こす悪夢のような現象を描いたホラー「ポラロイド」、7月19日(金)から順次公開。

Pocket




「チャイルド・プレイ」のラース・クレヴバーグ監督が一台のポラロイドカメラが巻き起こす悪夢のような現象を描いたホラー「ポラロイド」(原題 Polaroid)、7月19日(金)から渋谷シネクイントほか全国順次公開。

高校生のバードはアンティークショップで年代物のポラロイドカメラを見つけるが、被写体の友人たちが次々と死んでしまう…

ごく普通の女子高生のバードは、アルバイト先のアンティークショップで年代物のポラロイドカメラを見つける。SNS世代の彼女たちにとってレトロなカメラは新鮮で、さまざまな写真を撮るが、被写体の友人たちが次々と死んでしまう。バードは、友人が死んだ理由がポラロイドカメラにあるのではないかと考える…

「チャイルド・プレイ」のラース・クレヴバーグ監督と「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」のプロデューサーのロイ・リーがタッグを組んだホラー。
ラース・クレヴバーグ監督が手掛けたおよそ15分の短編を自らリメイクした長編映画監督デビュー作。
ごく普通の女子高生のバードにはキャスリン・プレスコット
グレイス・ザブリスキータイラー・ヤングほかが共演。


「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」製作陣 ×次世代ホラー界の新鋭が放つ世界各国上映中止の”呪われた”問題作。死を招くポラロイドカメラにまつわる恐怖の物語。

「ポラロイド」公式サイト

「ポラロイド」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です