「TSUTAYA TV 2019年上半期 配信レンタルランキング 洋画編」。トップ10でどの作品を見ましたか?

Pocket




「TSUTAYA TV 2019年上半期 配信レンタルランキング 洋画編」。トップ10でどの作品を見ましたか?

1位はラミ・マレック主演「ボヘミアン・ラプソディ」
2位はトム・ハーディ主演「ヴェノム」、続いてジェイソン・ステイサム主演「MEG ザ・モンスター」、トム・クルーズ主演「ミッション:インポッシュブル フォールアウト」「イコライザー2」「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」…トップ10でどの作品を見ましたか?

「TSUTAYA TV 2019年上半期 配信レンタルランキング 洋画編」トップ10は次の通りです。
1位「ボヘミアン・ラプソディ」(原題 Bohemian Rhapsody)

伝説的ロックバンドの”クイーン”のフレディ・マーキュリーの軌跡を描いた伝記映画。ラミ・マレック主演、ブライアン・シンガーが監督。
2018年11月9日(金)に公開され、興収130億円。
2019年4月17日(水)にブルーレイ&DVD発売。
1991年にこの世を去ったフレディ・マーキュリーがいかに世間の固定観念や従来の音楽を打ち破り、”史上最高のエンタテイナー”と呼ばれるに至ったのか…
第91回アカデミー賞でラミ・マレックが主演男優賞、音響編集賞、録音賞、編集賞の4部門、第76回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の作品賞、ラミ・マレックが男優賞の2部門受賞。
「ボヘミアン・ラプソディ」、「伝説のチャンピオン」、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」など32の名曲とともに繰り広げられる”クイーン”の華やかな活躍の裏にある知られざるストーリー。「ライヴ・エイド」でクイーンが歌うシーンでは感動もMAXです。

2位「ヴェノム」(原題 Venom)

マーベル・コミックス史上最も謎に満ちたダークヒーローにして、スパイダーマンの宿敵として知られる”ヴェノム”を「ゾンビランド」のルーベン・フライシャー監督トム・ハーディ主演で映画化。
2018年11月2日(金)に公開され、興収21.5億円。
2019年3月6日(水)にブルーレイ&DVD発売。
謎の地球外の寄生生物シンビオートにより”ヴェノム”に変身してしまったエディ・ブロックの運命を描く…
単純明快なストーリーでながら、アクション、SF、ホラー、ラブ・ロマンス、コメディのすべての要素がうまく詰まっていて、楽しめます。

3位「MEG ザ・モンスター」(原題 The Meg)

ジョン・タートルトーブ監督ジェイソン・ステイサム主演で巨大ザメに襲われる人々のサバイバルを描いた海洋パニック・アクション。
2018年9月7日(金)に公開され、興収15.3億円。
2019年1月9日(水)にブルーレイ&DVD発売。
人類未踏の深海に挑む海洋探査チームが発見した200万年前に実在した凶暴すぎる巨大ザメのメガロドン、通称”MEG”に深海レスキュー・ダイバーのジョナス・テイラーたちが遭遇する…
「アイアンマン」並みの1億5000万ドルの巨額の製作費を投じたド迫力の映像。何も考えずにドキドキさせられるパニック・アクション。

4位「ミッション:インポッシブル フォールアウト」(原題 Mission: Impossible Fallout)

トム・クルーズ主演、前作に引き続きクリストファー・マッカリーが監督を手掛けたシリーズ第6弾。ヘンリー・カヴィルサイモン・ペッグレベッカ・ファーガソンアレック・ボールドウィンほかが共演。
2018年8月3日(金)に公開され、興収45.7億円。
2018年12月19日(水)にブルーレイ&DVD発売。
3大都市の同時核爆発を阻止しようとするイーサン・ハント率いるIMFのチームに様々なフォールアウト(予期せぬ余波)が降りかかる…
トム・クルーズが2000時間におよぶ訓練をこなし、ヘリコプターでのアクロバット飛行に挑戦。さらに進化したトム・クルーズのアクションが楽しめます。

5位「イコライザー2」(原題 The Equalizer 2)

デンゼル・ワシントンアントワーン・フークア監督が再び組んだクライム・アクション。
2018年10月5日(金)に公開され、興収2.6億円。
2019年2月6日(水)にブルーレイ&DVD発売。
元CIAエージェントで、昼間の表の顔とは別に、世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく”イコライザー”としての顔を持つロバート・マッコールが親友の死の真相を追う…
19秒で悪を裁く元CIA特殊工作員”イコライザー”ことロバート・マッコールと彼と同じ特殊訓練を受けたスペシャリストとの壮絶な戦い。

6位「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(原題 Anvengers: Infinity War)

マーベル・ヒーローが最凶の敵と大激闘!!アンソニー&ジョー・ルッソが監督ロバート・ダウニー・Jr.クリス・エヴァンスほかが共演のシリーズ第3弾。
2018年4月27日(金)に公開され、興収37.3億円。
2018年9月4日(水)にMovieNEX発売。
最凶の敵サノスによって窮地に陥った世界を救うため、前代未聞となる数多くのマーベル・ヒーローたちが立ち向かう”究極の戦い”。
マーベル・ユニバース10周年の集大成。それぞれの活躍がありながらもサノスの圧倒的な強さに追い詰められていくマーベル・ヒーローたち。そして…次回作を期待せざるを得なくなります。

7位「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」(原題 Fantastic Beasts: The Crimes of Grindelwald)

2018年11月23日(祝・金)に公開され、興収65億円。
2019年4月24日(水)にブルーレイ&DVD発売。
J.K.ローリングが原作・脚本デヴィッド・イェーツが監督エディ・レッドメイン主演のシリーズ第2弾。ジョニー・デップジュード・ロウが新しく登場。
ロンドンとパリを舞台に魔法動物学者ニュート・スキャマンダーが闇の魔法使いグリンデルバルドを捕えるため師匠のダンブルドアとタッグを組む…
若き日のダンブルドア先生とホグワーツ魔法学校も登場し、さらにスケールアップ。

8位「オーシャンズ8」(原題 Ocean’s 8)

ゲイリー・ロス監督サンドラ・ブロックケイト・ブランシェット共演で8人の女性犯罪チームの活躍を描いた「オーシャンズ」シリーズの第4弾。
2018年8月10日(金)に公開され、興収15.7億円。
2018年11月28日(水)にブルーレイ&DVD発売。
世界最大のファッションの祭典”メットガラ”で美しき8人の女性犯罪チームが1億5000万ドルの宝石を盗み出すという前代未聞の計画を実行に移す…
美しき8人の女性犯罪チームが盗みをやってのけるのを徹底的に軽く楽しく華やかに描いていて、華麗な女優陣の共演が華やかすぎます。

9位「ザ・プレデター」(原題 The Predator)

シェーン・ブラック監督が地球外生命体プレデターと人類の攻防を描いたSFアクション大作。
2018年9月14日(金)に公開され、興収6.6億円。
2019年1月5日(土)にブルーレイ&DVD発売。
1人の少年が謎の装置を起動させたことにより、地球外生命体”プレデター”が地球に降り立ち、人々を恐怖のどん底に落としていく…
より強く、賢く、他の種のDNAを利用して、遺伝子レベルでアップグレードしていく”プレデター”。そして突然現れる”究極のプレデター”。

10位「アントマン&ワスプ」(原題 Ant-Man & the Wasp)

ペイトン・リード監督ポール・ラッドエヴァンジェリン・リリー共演で描いた続編。
2018年8月31日(金)に公開され、興収13.2億円。
2019年1月9日(水)にMovieNEX発売。
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の後の世界を舞台に最小にして最強の”アントマン”と”ワスプ”がアントマンの秘密を狙う謎の敵ゴーストに立ち向かう…
「アベンジャーズ/エンドゲーム」に繋がる重要なストーリー。ピム粒子に限定されたストーリー展開、ミクロサイズだけでなくジャイアントサイズを取り入れたスケールアップしたアクション。量子トンネルを巡る戦いがテンポよく、コミカルに楽しめます。

トップ10でどの作品を見ましたか?

情報元: 「TSUTAYA TV 2019年上半期 配信レンタルランキング」
2019年1月1日(火)~2019年6月30日(日)の累計配信レンタル見込み数を元に作成



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です