12月23日は「東京タワー完成の日」。東京タワー完成の時代の日本を描いた「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ。

Pocket

12月23日は「東京タワー完成の日」。東京タワー完成の時代の日本を描いた「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ。
ALWAYS 三丁目の夕日'64_02
1958年12月23日に東京都港区芝公園に東京タワーが完成し、完工式が行われました。
東京タワー完成の時代の日本の高度成長期を描いた「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズ
発行部数1800万部を超え、国民的コミックと呼ぶにふさわしい西岸良平のロングセラーコミックを山崎貴監督が映画化した、昭和の東京を舞台にしたヒューマン・ドラマ。
三丁目の住民たちはシリーズではおなじみの吉岡秀隆堤真一小雪堀北真希三浦友和薬師丸ひろ子

「ALWAYS 三丁目の夕日」
2005年11月5日(土)公開、興収32.3億円の大ヒット!
ALWAYS_三丁目の夕日
東京オリンピック開催の7年前の東京タワーが完成し、白黒テレビが出始めた昭和33年。
人情味溢れる東京都下の下町・夕日町三丁目にある自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる…

「ALWAYS 続・三丁目の夕日」
2007年11月3日(土)公開、興収45.6億円の大ヒット!
Always_続三丁目の夕日
東京タワーも完成し、日本橋の空に、まだ高速道路が通っていなかった昭和34年。東京オリンビック開催が決定し、高度成長期へ突入した日本を背景に、貧しいながらも前向きに生きる、懐かしく温かい三丁目の人々のその後のストーリーを描く…

「ALWAYS 三丁目の夕日’64」
2012年1月21日(土)に公開され、興収34.4億円の大ヒット。
ALWAYS 三丁目の夕日‘64
東京オリンピックや新幹線開通に沸く昭和39年の東京。東京タワーも完成し、東京オリンピックの開会式の日にブルーインパルスがアクロバット飛行…
東京の下町・夕日町三丁目に暮らす個性豊かな住民たちの悲喜こもごもを描き出します。

今回の2020年オリンピックの東京で開催決定は現代の日本に足りない前向きさや自信を7年後の五輪開催という目標がもたらしてくれるはず。
この7年間で未来につながる革新、改革、見直しをどこまでできるのか!?

56年前の東京オリピック開催前に盛り上がる「ALWAYS 三丁目の夕日」シリーズが教えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です