ローランド・エメリッヒ監督がエド・スクレイン、パトリック・ウィルソン共演で描いた「ミッドウェー(仮)」のUS版特報が公開。

Pocket




ローランド・エメリッヒ監督エド・スクレインパトリック・ウィルソン共演で第2次世界大戦での日米海戦を描いた「ミッドウェー(仮)」(原題 Midway)、全米で2019年11月8日(金)公開決定。
US版特報が公開されましたが、見ましたか?

第二次世界大戦下の1942年6月、日本海軍と米軍が激突した「ミッドウェー海戦」を描く…

「逆境を乗り越えるべく、本能と不屈の闘志、勇気に従った指導者と兵士たちを事実に基づいて描く」

太平洋戦争のターニングポイントとなった日本対アメリカのミッドウェー海戦を「インデペンデンス・デイ」のローランド・エメリッヒ監督が描いた海戦映画。
「デッドプール」のエド・スクライン、「死霊館」シリーズのパトリック・ウィルソン、「美女と野獣」のルーク・エヴァンス、「スリー・ビルボード」のウディ・ハレルソン、ドラマ「THIS IS US/ディス・イズ・アス」のマンディ・ムーア、ドラマ「グリー」のダレン・クリス、そして人気兄弟バンド、ジョナス・ブラザーズのニック・ジョナスほかが共演。
海軍中将の山口多聞には浅野忠信、海軍大将の山本五十六には豊川悦司、南雲機動部隊を率いる南雲忠一には國村隼

ローランド・エメリッヒ監督ならではの迫力あふれる映像で描かれる海戦、そして空中戦。全米では2019年11月8日(金)公開。日本での公開情報は現段階では未定ですが、楽しみです。

「ミッドウェー(仮)」US公式facebookページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です