2019年上半期邦画興行収入ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

Pocket




2019年上半期邦画興行収入ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

1位は劇場版23作目「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」の89.8億円、2位は山崎賢人主演「キングダム」の54.7億円。続いて「映画ドラえもん のび太の月面探査記」の49.6億円、「マスカレード・ホテル」の46億円、「ドラゴンボール超 ブロリー」の39億円、「翔んで埼玉」の36.8億円…どの作品を見ましたか?

2019年上半期邦画興行収入ランキングは次の通りです。
1位「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」

大ヒットアニメシリーズ「名探偵コナン」の劇場版23作目。「名探偵コナン 業火の向日葵(ごうかのひまわり)」などに携ってきた永岡智佳が監督
2019年4月12日(金)に公開され、興収89.8億円。
シンガポールを舞台に、世界最大の伝説の宝石ブルーサファイアをめぐり、江戸川コナン、怪盗キッド、“蹴撃の貴公子”の異名を持つ空手部主将の京極真による激しいバトルが展開する…
劇場版史上初となる海外のシンガポールを舞台に世界最大の宝石ブルーサファイアをめぐるコナン&怪盗キッド&京極真の三つ巴の戦いが楽しめます。

2位「キングダム」

原泰久の人気コミック佐藤信介監督山崎賢人主演で映画化した春秋戦国時代に中国を舞台に描いた一大叙事詩。吉沢亮長澤まさみ橋本環奈大沢たかおほかが共演。
2019年4月19日(金)に公開され、興収54.7億円。
春秋戦国時代の中国での史実をベースに「天下の大将軍」になる夢を抱く戦災孤児の信と中華統一を目指す若き王の贏政の途方もない戦いの物語。
原作の原泰久も参加し、約2年の歳月を費やした脚本、2018年4月から20日間に及ぶ中国での大規模ロケ。原作をうまく実写映画していて、最後まで一気に楽しませてくれます。山崎賢人の新しい魅力、吉沢亮、長澤まさみ、大沢たかおの演技が光ります。

3位「映画ドラえもん のび太の月面探査記」

「ドラえもん」の長編劇場版シリーズ39作目。直木賞受賞作「鍵のない夢を見る」の辻村深月が映画脚本に初挑戦。「映画ドラえもん」シリーズを手がけるのは3作目となる八鍬新之介が監督
2019年3月1日(金)に公開され、興収49.6億円。
月面を舞台にドラえもんとのび太たちが冒険を繰り広げる…
「ドラえもん」ならではの世界が楽しめます。

4位「マスカレード・ホテル」

東野圭吾の人気小説を「HERO」の鈴木雅之監督木村拓哉長澤まさみ共演で映画化したミステリー、
2019年1月18日(金)に公開され、興収46億円。
連続殺人事件の新たな現場になるとされたホテル・コルシア東京を舞台にエリート刑事の新田浩介とホテルの従業員の山岸尚美が犯人を追う…
長澤まさみはホテル・コルシア東京のフロントクラークの山岸尚美を演じ、殺人事件の潜入捜査をする刑事の新田浩介の教育係をすることになる…
水と油の異色のバディが屈指の難事件に挑む超豪華ミステリー。いくつもの伏線を張り巡らせ、期待をいい意味で裏切るストーリー展開。木村拓哉と長澤まさみの異色のバディぶりが楽しめます。

5位「ドラゴンボール超 ブロリー」

鳥山明原作の大人気アニメ「ドラゴンボール」シリーズの劇場版20作目鳥山明が自ら原作・脚本・キャラクターデザイン、アニメ版のシリーズディレクターの長峯達也が監督
2018年12月14日(金)に公開され、興収39億円。
孫悟空とベジータの前にほぼ全滅したはずのサイヤ人ブロリーが現れ、孫悟空へのリベンジを企むフリーザも巻き込んだ闘いが始まる…
孫悟空、ベジータ、ブロリーたちの出会い、今まで明かされていなかったサイヤ人の原点。

6位「翔んで埼玉」

魔夜峰央の埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画二階堂ふみGACKT共演で実写映画化。「テルマエ・ロマエ」の武内英樹が監督伊勢谷友介京本政樹麻生久美子ほかが共演。
2019年2月22日(金)に公開され、興収36.8億円。
埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台に東京都知事の息子の壇ノ浦百美は謎の転校生の麻実麗に惹かれていくが、麗が埼玉県出身だと知ってしまう…
埼玉に対する強烈なディスりの数々が笑いを呼びながらも埼玉愛にあふれた痛快コメディ。魔夜峰央ワールドを見事に映画化していて、二階堂ふみ、GACKTの怪演が楽しめます。

7位「コンフィデンスマンJP」

長澤まさみ東出昌大小日向文世共演の人気TVドラマ「コンフィデンスマンJP」の劇場版。竹内結子、三浦春馬、江口洋介ほかが共演。
2019年5月17日(金)に公開され、興収26.9億円。
詐欺師のダー子、ボクちゃん、リチャードは香港の裏社会を牛耳る女帝を新たなターゲットに定め、香港で一世一代の大仕事に挑む…
舞台もゲストもスケールアップした日本映画史上最高峰の<コンゲーム>。長澤まさみ、東出昌大、小日向文世の三人が香港を舞台に思い切り弾けていて、スケールアップした<コンゲーム>が楽しめます。

8位「七つの会議」

池井戸潤の小説を「下町ロケット」の福澤克雄監督野村萬斎主演で映画化した企業犯罪エンターテインメント。香川照之、及川光博、片岡愛之助、北大路欣也ほかが共演。
2019年2月1日(金)に公開され、興収21.2億円。
中堅企業の東京建電で起きたパワハラ騒動をきっかけに、そこに隠されたある謎が会社員たちの人生、会社の存在をも揺るがしていく…
「働くこと」の正義とは?そして守るべき信念とは何か?サラリーマンの戦いと葛藤、そして秘密と闇が緊迫感あふれるストーリー展開で描かれていて、豪華俳優陣の顔芸を見ているだけでも迫力満点です。

9位「映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン 失われたひろし」

人気長寿アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版27作目。「映画クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃」の橋本昌和が監督
2019年4月19日(金)に公開され、興収20.4億円。
ひろしとみさえが、しんのすけたちを連れてやってきた初のハネムーンで予想外の事態に巻き込まれ、幸せな旅行が危険が待ち受ける大冒険になってしまう…
相変わらずの「クレヨンしんちゃん」ワールドが楽しめます。

10位「十二人の死にたい子どもたち」

冲方丁の小説堤幸彦監督杉咲花新田真剣佑北村匠海共演で映画化した密室サスペンス。高杉真宙、黒島結菜、吉川愛ほかが共演。
2019年1月25日(金)に公開され、興収15.2億円。
安楽死を求め、廃病院に集まった12人の少年少女が13人目の死体を発見したことで彼らの「死にたい」計画が少しずつ狂い始め、嘘とだまし合いが交錯していく…
出口無しのノンストップ未体験リアルタイム型・密室サスペンスゲーム。杉咲花、新田真剣佑、北村匠海ほか若手俳優陣の共演が楽しめます。

トップ10でどの作品を見ましたか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です