6月26日は「雷記念日」。”雷”が重要な役割を持つ映画で印象に残っているのはどの作品ですか?

Pocket




6月26日は「雷記念日」。“雷”が重要な役割を持つ映画で印象に残っているのはどの作品ですか?

延長8年6月26日(930年7月24日)に平安京の清涼殿に落雷があり、大納言・藤原清貫が亡くなりました。この落雷は菅原道真の祟りとされたとか。
清涼殿落雷事件
“雷”が重要な役割を持つ映画で印象に残っているのはどの作品ですか?

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(原題 Back To The Future)
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ロバート・ゼメキス監督マイケル・J・フォックス主演で描いたSFアドベンチャーの傑作。
1985年12月7日(土)に公開され、配収36.5億円。
高校生のマーティは、科学者・ドクのタイムマシンのデロリアンで過去にタイムスリップしてしまう。科学者のドクは落雷を利用して、過去にタイムスリップしたマーティを現代に戻そうとする…
奇抜なアイデアと練られた演出で、今なお観る者を魅了し続けるロバート・ゼメキス監督の出世作であり、SFアドベンチャーの傑作です。

「フランケンシュタイン」(原題 Frankenstein)
フランケンシュタイン
メアリー・シェーン原作の古典ホラーをフランシス・F・コッポラ製作総指揮ケネス・プラナーが監督・主演ロバート・デ・ニーロ共演で映画化したゴシック・ホラー大作。
1995年1月21日(土)に公開され、配収10.5億円。
これまでのフランケンシュタイン映画とは大いに異なり、原作に忠実にこれまで描かれなかった人間の生と死と愛という「フランケンシュタイン」の真のテーマに挑む…
永遠の生命を創造することに取り付かれた若き医学生フランケンシュタインが雷の力を利用して人造人間を創造してしまう…
ケネス・プラナー監督が”フランケンシュタイン”の物語を原作に忠実に描いていて、ケネス・プラナーとロバート・デ・ニーロの迫真の演技がさらに深くしてくれます。

「宇宙戦争」(原題 War of the Worlds)
宇宙戦争
H・G・ウェルズの小説をスティーヴン・スピルバーグ監督がトム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。
2005年6月29日(金)に公開され、興収60億円。
地球の侵略を目論む異星人とそれに立ち向かう人類の姿を最新のCG映像を織り交ぜて描く。
奇妙な落雷とともに巨大な”トライポッド”が出現し、レーザー光線で次々に人々を殺傷し、町を破壊する…
スティーヴン・スピルバーグ監督らしく、オープニングから畳みかけるような迫力映像の連続で楽しめます。

「マイティ・ソー」(原題 Thor)
マイティ・ソー
ケネス・ブラナー監督クリス・ヘムズワース主演でマーベル・コミックで人気のヒーローを映画化したアクション。
2011年7月2日(金)に公開され、興収5億円。
神の世界”アスガルド”で無敵の強さを誇るが傲慢な戦士・ソー。彼が地球に追放され、人間と関わりながら成長していく姿を描く。
地上に現れるときには必ず雷を伴って現る、”雷神”とも呼ばれる”アスガルド”最強の戦士ソー。
2012年「アベンジャーズ」(興収36.1億円)、2013年「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(興収6.35億円)、2015年7月4日(土)公開「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(興収32.1億円)、2017年11月3日(金)公開「マイティ・ソー バトルロイヤル」(興収11億円)、2018年4月27日(金)公開「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」(興収36.7億円)、2019年4月26日(金)公開「アベンジャーズ/エンドゲーム」(興収60億円)に出演。

「青天の霹靂」
青天の霹靂
劇団ひとりが書き下ろした小説を大泉洋柴咲コウ共演で、自ら映画化したヒューマン・ドラマ。
2014年5月24日(土)に公開され、興収11.8億円。
40年前にタイムスリップした売れないマジシャンが、同じマジシャンであった若き日の父とコンビを組み、自身の出生をはじめとする家族の秘密を知る…
売れないマジシャンの轟晴夫は晴天から放たれた雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップしてしまう…
「青天の霹靂」とは”予期しない事件や出来事”。大泉洋が不思議な体験をする轟晴夫を快演。涙と笑いに満ちたストーリー展開で心に深く響いてきます。

また「雷記念日」が制定されたきっかけになった平安時代の祟りや怨霊をテーマに描いたのが「陰陽師」
「陰陽師」
陰陽師
夢枕漠の人気小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督野村萬斎主演で映画化したアクション時代劇。
2001年10月6日(土)に公開され、興収30.1億円。
平安時代の京の都を舞台に陰陽師の阿倍晴明が都の危機を守るため祟りや怨霊に立ち向かう…
野村萬斎の気品と貫禄みなぎる名演。敵役である真田広之が対極の演技を披露し、対決シーンは圧巻。アクション時代劇絵巻として楽しめます。

“雷”が重要な役割を持つ映画で印象に残っているのはどの作品ですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です