司馬遼太郎の小説を原田眞人監督が岡田准一岡田准一、役所広司共演で映画化した天下分け目の決戦「関ヶ原」、テレビ朝日で6月2日(日)放送。

Pocket




司馬遼太郎の小説原田眞人が監督・脚本岡田准一役所広司共演で映画化した天下分け目の決戦「関ヶ原」、テレビ朝日で6月2日(日)放送。

司馬遼太郎の小説原田眞人が監督・脚本岡田准一役所広司共演で映画化した天下分け目の決戦「関ヶ原」
2017年8月26日(土)に公開され、興収24億円。
慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)。長く混迷を極めた戦国時代に終止符を打った戦国史上最大の天下分け目の決戦”関ヶ原の戦い”。

慶長5年9月15日(西暦1600年10月21日)。戦乱の世に終止符を打ち、後の日本のありようを決定づけた戦国史上最大の天下分け目の決戦”関ヶ原の戦い”。豊臣家への忠義から立ちあがる石田三成と天下取りの野望を抱く徳川家康。己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした石田三成の戦いが幕を開ける…

司馬遼太郎の小説を25年もの長きにわたり映画化を熱望し続けた原田眞人が監督・脚本を手掛けて映画化。

石田三成には岡田准一

徳川家康には役所広司、忍びの初芽には有村架純
小早川秀秋には東出昌大、豊臣秀吉には滝藤賢一、直江兼続には松山ケンイチ、井伊直政には北村有起哉、黒田長政には和田正人
平岳大、中越典子、伊藤歩、音尾琢真、キムラ緑子、西岡徳馬ほかが共演。

西軍と東軍による迫力あふれる合戦シーン。己の「愛」と「正義」を信じ、貫き通そうとした”純粋すぎる武将”石田三成の生き様。司馬遼太郎の壮大な小説を原田眞人監督がうまくまとめていて、見応えあふれる戦国絵巻が楽しめます。石田光成を演じる岡田准一と徳川家康を演じる役所広司の演技がさらに重厚にしてくれます。

★「関ヶ原」
テレビ朝日 日曜プライム
6月2日(日)
21:00~23:33



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。