鈴木光司の小説を中田秀夫監督が池田エライザ主演で映画化したホラー「貞子」、5月24日(金)公開。

Pocket




鈴木光司の小説中田秀夫監督池田エライザ主演で映画化したSNS時代に現れた「撮ったら死ぬ」貞子の呪いを描いたホラー「貞子」、5月24日(金)公開。

記憶を失ってしまった少女と向き合う心理カウンセラーの茉優の周囲に次第に不可解な怪現象が起こり始める…

心理カウンセラーの茉優は、警察に保護された1人の少女を担当する。全ての記憶を失ってしまった少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周囲で不可解な出来事が起こり始める。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介の薦めでYouTuberとなった茉優の弟の和真は再生回数を稼ぐため、5人の死者を出した団地の火事跡に忍び込んで心霊動画を撮ろうとする…

見ると1週間後に呪い殺されるという「呪いのビデオ」の恐怖を描いた鈴木光司の小説中田秀夫監督が映画化した「リング」
ビデオテープを介して呪いが拡散されていくという衝撃的な設定は日本中を震撼させ、1998年1月31日(土)に公開され、配収10億円を挙げる大ヒット。

それから20年。時代の変化と共に恐怖の形状を変えながら、常に日本のホラー映画界を牽引してきた「リング」シリーズ
その最新作として鈴木光司の小説「タイド」を「リング」シリーズの中田秀夫監督が映画化した貞子の呪いを描いたホラー。

心理カウンセラーの秋川茉優には池田エライザ
WEBマーケティング会社に勤める石田祐介には塚本高史、茉優の弟の秋川和真には清水尋也
桐山漣姫嶋ひめかほかが共演。


SNS時代に現れた「撮ったら死ぬ」貞子の呪い。

「貞子」公式サイト

「貞子」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です