5月6日はジョージ・クルーニーの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




5月6日はジョージ・クルーニーの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

ジョージ・クルーニーは1961年5月6日にケンタッキー州レキシントンに生まれました。
1978年にテレビドラマで俳優デビューを果たし、「ER 緊急救命室」でブレイク、「パーフェクト・ストーム」「オーシャンズ」シリーズなどに出演。
「フィクサー」「マイレージ、マイライフ」「ファミリー・ツリー」ではアカデミー賞主演男優賞にノミネートされました。
ジョージ・クルーニー_GQ

ジョージ・クルーニーの主な出演作品は次の通りです。
「ER 緊急救命室」(原題 ER)
ER+s1
世界中で大ヒットしたテレビドラマシリーズ。緊急救命室を舞台にそこに勤務する医師たちの人間模様を描いたヒューマン・ドラマ。
ジョージ・クルーニーは1994年のシーズン1から2000年のシーズン5まで小児科スタッフドクターのダグラス・ロス医師を熱演。

「パーフェクト・ストーム」(原題 The Perfect Storm)
パーフェクト・ストーム
グロスターという漁港で起こった実話をウォルフガング・ペーターゼン監督マーク・ウォルバーグ共演で映画化したパニック・アクション。
2000年7月29日(土)に公開され、興収37億円。
凄まじい大嵐”パーフェクト・ストーム”に遭遇した漁師たちの運命を描く…
ジョージ・クルーニーはアンドレア・ゲイル号の船長のビリーを演じ、3つの嵐が激突して誕生した前代未聞の大嵐”パーフェクト・ストーム”に巻き込まれる…
巨大な波のうねり、暴風と豪雨に荒れ狂う海の大迫力の映像。そしてジョージ・クルーニー、マーク・ウォルバーグの迫真の演技が楽しめます。

「オーシャンズ11」(原題 Ocean’s 11)
オーシャンズ11
スティーブン・ソダーバーグ監督が超豪華キャストを迎えて贈るサスペンス・アクション。
2002年2月2日(土)に公開され、興収70億円。
カリスマ窃盗犯ダニー・オーシャンが強欲なホテル王にひと泡ふかせるため、11人の犯罪ドリームチームで前代未聞の強奪計画を企てる…
ジョージ・クルーニーはカリスマ窃盗犯ダニー・オーシャンを熱演、リーダーとして大活躍。
豪華キャストに、スティーブン・ソダーバーグ監督らしい作家性と娯楽性を奇跡的に融合したクールでスタイリッシュな演出を見せてくれます。

続編として「オーシャンズ12」(原題 Ocean’s Twelve)が2005年1月22日(金)に公開され、興収36億円。
オーシャンズ12

「オーシャンズ13」(原題 Ocean’s Thirteen)が2007年8月10日(金)に公開され、興収32億円。

「シリアナ」(原題 Syriana)

元CIA工作員ロバート・ベアの告発本スティーブン・ギャガン監督マット・デイモン共演で石油利権を巡る陰謀を描いた社会派サスペンス。
2006年3月4日(金)公開。
アラブの石油をめぐる陰謀に関係する者たちのドラマをCIAのスパイ、アラブの王族、エネルギーアナリスト、イスラム過激派テロリストなど多方面から描く…
ジョージ・クルーニーはCIAの工作員のボブ・バーンズを演じ、最後の活動としてある中東の産油国における作戦の実行を指示される…
第78回アカデミー賞、第63回ゴールデン・グローブ賞でジョージ・クルーニーが助演男優賞を受賞。
石油利権に群がる人々の欲望とそれが生み出す巨大な陰謀をスリリングに描いた衝撃の問題作です。

「フィクサー」(原題 Michael Clayton)
フィクサー
「ボーン」シリーズの脚本を手がけたトニー・ギルロイ監督が”もみ消し屋=フィクサー”として生きる男の苦悩を描いたサスペンス・スリラー。
2008年4月12日(金)に公開され、興収4億円。
弁護士事務所に所属しながら”もみ消し屋=フィクサー”として生きるマイケル・クレイトンが巨大製薬会社の訴訟に関わる巨大な陰謀に立ち向かう…
第80回アカデミー賞でティルダ・スウィントンが助演女優賞を受賞。
ジョージ・クルーニーはマイケル・クレイトンを熱演、第80回アカデミー賞主演男優賞にノミネート。
男っぷりを発揮したジョージ・クルーニーと農薬会社の面子をかけた悪巧みとその陰での巨大なプレッシャーをリアルに演じ、アカデミー賞助演女優賞を受賞したティルダ・スウィントンの演技が光ります。

「マイレージ、マイライフ」(原題 Up in the Air)
マイレージ、マイライフ
「ジュノ」のジェイソン・ライトマン監督が現代人を取り巻く様々な問題を描いたヒューマン・ドラマ。
2010年3月20日(金)に公開され、興収3億円。
リストラ宣告人として煩わしい人間関係を回避して身軽で気ままな人生を送ってきた主人公が2人の女性との出会いをきっかけに、それまでの生き方を見つめ直していく…
ジョージ・クルーニーは「解雇宣告人」のライアン・ビンガムを演じ、第82回アカデミー賞主演男優賞にノミネート。
「バックパックに入らない人生の荷物は背負わない。」自分の”人生のスーツケース”に詰め込みすぎているのか、など考えさせられます。

「ファミリー・ツリー」(原題 The Descendants)
ファミリー・ツリー
「サイドウェイ」のアレクサンダー・ペイン監督がハワイを舞台に、家族崩壊の危機に直面したある一家の再生をユーモアを交えて描いたヒューマン・ドラマ。
2012年5月18日(金)に公開され、興収3億円。
ジョージ・クルーニーは家庭崩壊の危機に直面した家族の父親のマット役で新境地を開拓し、第69回ゴールデン・グローブ賞ドラマ部門の主演男優賞を受賞。
かけがえのないものを失った悲しみを乗り越えて、大切な絆を取り戻していく家族の姿がじわりと心に深く浸みこんできます。

「マネーモンスター」(原題 Money Monster)
マネーモンスター
ジョディ・フォスター監督がジュリア・ロバーツ共演で描いたリアルタイム・サスペンス。
2016年6月10日(金)公開。
人気財テク番組「マネーモンスター」が生放送中にジャック。人気パーソナリティを人質に取った”史上空前の犯罪現場の生中継”が始まる…
ジョージ・クルーニーは製作にも携わり、人気財テク番組「マネーモンスター」のパーソナリティのリー・ゲイツを演じ、生放送中に犯罪事件に巻き込まれ、人質にされてしまう…
緊迫感とユーモアが融合した社会風刺ドラマ。ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツの迫真の演技がドラマの緊迫感をさらに高めてくれます。

俳優だけでなく、監督、プロデューサーとしても活躍し、プロデュースした「アルゴ」では第85回アカデミー賞作品賞を獲得しました。
これからも俳優、監督、プロデューサーと活躍の場を広げるジョージ・クルーニー。出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です