日本発の人気ゲームをハリウッドで映画化したハイブリッド・アクション「ソニック・ザ・ムービー」の特報映像が公開。

Pocket




日本発の人気ゲームをハリウッドで映画化したハイブリッド・アクション「ソニック・ザ・ムービー」(原題 Sonic the Hedgehog)、12月公開。
特報映像が公開されましたが、見ましたか?

宇宙最速で走るパワーを授かったソニックが警官のトムとバディを組んで宿敵のマッドサイエンティスト、ドクター・エッグマンの恐るべき陰謀に立ち向かう…

ソニックが砂漠、世界中を駆け抜け、敵のミサイル攻撃も時間が止まったかのように切り抜ける超高速スピードアクションを披露。そしてジム・キャリーが演じる悪役ドクター・エッグマンも登場…

は、1991年に株式会社セガが発売した大ヒットゲーム「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」。疾走感あふれるゲームプレイに加え、青い”史上最速のハリネズミ”ソニックのキャラクターは海外でも高い人気を獲得。

「ワイルド・スピード」シリーズなどのニール・H・モリッツと「デッドプール』」を監督したティム・ミラーがプロデュースを手掛け、アカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされた経歴を持つジェフ・ファウラー監督の長編デビュー作品。
ドクター・エッグマンには「マスク」などの人気俳優ジム・キャリー
警官のトムには「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン


実写とCGアニメーションを融合させたハイブリッド・アクション。
実写版ソニックのデザインにはファンから不満が噴出し、ジェフ・ファウラー監督は急遽ソニックのデザイン修正を発表。米国公開は2019年11月、日本公開は12月予定でソニックさながらのスピード対応がどうなるのか…

「ソニック・ザ・ムービー」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です