クエンティン・タランティーノ監督、レオナルド・ディカプリオ、ブラッド・ピット共演「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」、8月30日(金)公開決定。

Pocket




クエンティン・タランティーノ監督レオナルド・ディカプリオブラッド・ピット共演で描いた社会派ドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」(原題 Once Time In Hollywood)、8月30日(金)公開決定。
特報映像は見ましたか?

カルト集団マンソン・ファミリーによって大女優で当時妊娠していたシャロン・テートが殺害された事件が起きた1969年のロサンゼルスを舞台にハリウッドの光と影を描く…

ハリウッドで俳優として再び栄光を取り戻そうとしている落ち目のTV俳優リック・ダルトンと、長年彼のスタントマンを務めているクリフ・ブース。クリフがブルース・リーらしき東洋人とカンフーアクションを撮影するシーンや、共演した子役の少女に「私が生きてきた中であなたは 最高の役者よ」とささやかれリックが涙ぐむ姿…

クエンティン・タランティーノ監督の2015年の「ヘイトフル・エイト」から4年ぶりの新作。
クエンティン・タランティーノが監督・脚本・製作を務め、5年もの歳月をかけて脚本を執筆して描いたハリウッドという黄金時代の最後の瞬間。
ちょっと落ち目のTV俳優リック・ダルトンにはレオナルド・ディカプリオ、彼のスタントマンを務めているクリフ・ブースにはブラッド・ピット
女優シャロン・テートにはマーゴット・ロビー

カルト集団マンソン・ファミリーを率いるチャールズ・マンソンにはデイモン・ヘリマン。
先日急逝した「ビバリーヒルズ高校白書」のルーク・ペリー
アル・パチーノ
ブルース・ダーンダコタ・ファニングジェームズ・マースデンティム・ロスマイケル・マドセンカート・ラッセルほかが共演。


クエンティン・タランティーノが失われてしまったハリウッドという黄金時代の最後の瞬間を、郷愁とリスペクトを込め、5年の歳月を費やして脚本を執筆。全米では2019年7月26日(金)、日本では8月30日(金)公開決定。楽しみです。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です