クリント・イーストウッド監督・主演でドラッグの伝説の”運び屋”の悲哀を描いた「運び屋」、3月8日(金)公開。

Pocket




クリント・イーストウッド監督・主演でドラッグの運び屋となった初老の男の悲哀を描いた「運び屋」(原題 The Mule)、3月8日(金)公開。

幾度となく麻薬を運び、巨額の報酬を得ていた伝説の”運び屋”。その男はなんと90歳の老人だった…

金銭苦にあえぐ孤独な90代の老人アール・ストーン。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…

“Mule”とはメキシコで物資輸送の手段として重宝されたラバが転じた”運び屋”を意味するスラング。
2014年にニューヨーク・タイムズ・マガジンに掲載された記事クリント・イーストウッドが監督・主演、「グラン・トリノ」のニック・シェンクが脚本を手掛けて映画化。
孤独な80代の老人アール・ストーンにはクリント・イーストウッド
麻薬取締局の捜査官コリン・ベイツにはブラッドリー・クーパー
「アントマン」シリーズのマイケル・ペーニャローレンス・フィッシュバーンダイアン・ウィーストアンディ・ガルシアほかが共演。



10年ぶりのクリント・イーストウッド監督・主演作。知己を使い、麻薬取締局の捜査をかいくぐり、最年長の”運び屋”となった老人の前代未聞の実話。

「運び屋」公式サイト

「運び屋」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です