サイモン・キンバーグ監督、ジェームズ・マカヴォイ、マイケル・ファスベンダー共演で描いた最新作「X-MEN: ダーク・フェニックス」の本予告が公開。

Pocket




サイモン・キンバーグが監督・脚本ジェームズ・マカヴォイマイケル・ファスベンダーソフィー・ターナー共演で描いた最新作「X-MEN: ダーク・フェニックス」(原題 X-MEN: Dark Phoenix)、6月21日(金)公開。
本予告が公開されましたが、見ましたか?

宇宙でのミッション中に未知の銀河の力を手に入れたジーン・グレイが無限大のパワーを制御できず、次第にその能力が暴走してしまう…

「X-MEN: アポカリプス」の10年後が舞台。念力とテレパシー能力を駆使するジーン・グレイは宇宙でのミッション中に抑え込まれていたもう一つの人格<ダーク・フェニックス>を解き放ってしまう。それは制御不能な最大の悪となり、ジーン自身にもコントロールできず暴走を始め、X-MENの仲間たちの団結だけでなく、地球にも危機が襲いかかる…

X-MENの原点を描いた「X-MEN: ファースト・ジェネレーション」「X-MEN: フューチャー&パスト」「X-MEN: アポカリプス」に続く4作目。

原作コミックで有名なエピソード“ダーク・フェニックス サーガ”をベースに「X-MEN」シリーズの製作・脚本に携わってきたサイモン・キンバーグが監督・脚本を手掛けて映画化。

プロフェッサーXにはジェームズ・マカヴォイ、マグニートーにはマイケル・ファスベンダー、ジーン・グレイにはソフィー・ターナー、ミスティークにはジェニファー・ローレンス
ビーストにはニコラス・ホルト、サイクロップスにはタイ・シェリダン、ストームにはアレクサンドラ・シップ、ナイトクローラーにはコディ・スミット=マクフィー、クイックシルバーにはエヴァン・ピーターズが続投。
ジェシカ・チャステインが新たに参加。

全米では6月7日(金)、日本では6月21日(金)公開。原作コミックで有名なエピソード”ダーク・フェニックス サーガ”をサイモン・キンバーグ監督がどのように描くのか、楽しみです。

「X-MEN: ダーク・フェニックス」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です