2018年邦画興行収入年間ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

Pocket




2018年邦画興行収入年間ランキング。トップ10でどの作品を見ましたか?

1位は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」の92.2億円。2位は「名探偵コナン ゼロの執行人」の91億円。3位は「映画ドラえもん のび太の宝島」の53.7億円、続いて「万引き家族」の45億円、「銀魂2 掟は破るためにこそある」の36.6億円、「DESTINY 鎌倉ものがたり」の32億円…

2018年邦画興行収入年間ランキングのトップ10は次の通りです。
1位「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」

山下智久新垣結衣戸田恵梨香共演の人気TVドラマの劇場版。西浦正記が監督比嘉愛未浅利陽介ほかが共演。
7月27日(金)に公開され、興収92.2億円。
東京湾を運行していたフェリーが濃霧の影響で海ほたるに衝突し、成田空港でも異変が生じる。未曽有の連続大事故現場から藍沢たちフライトドクター、フライトナースに出動要請が入る…
シリーズ最大のスケールで描かれる大規模災害と災害に巻き込まれた患者たちが織りなす人間ドラマ。藍沢たちフライトドクターたちの苦悩がさらに深く描かれていて、感動させてくれます。

2位「名探偵コナン ゼロの執行人」

青山剛昌の人気コミックをアニメ化した劇場版シリーズ第22作。テレビアニメ「デス・パレード」の立川譲が監督
4月13日(金)に公開され、興収91億円。
大規模爆破事件の真相を追う江戸川コナンは公安警察を操る警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室透の不可解な動きに違和感を抱くが、毛利小五郎が事件の容疑者として逮捕されてしまう…
魂がぶつかり合う極秘任務<シークレット・ミッション・ミステリー。シリーズ屈指の面白さで、安室透とコナンの活躍が楽しめます。
3位「映画ドラえもん のび太の宝島」

国民的アニメ「ドラえもん」の長編劇場版シリーズ第38作。テレビ版の演出を手がけてきた今井一暁が映画初監督
3月3日(土)に公開され、興収53.7億円。
ドラえもんのひみつ道具「宝探し地図」を使って宝島を探していたのび太は太平洋上に新しく出現した島を発見。ノビタオーラ号と命名した船に乗って、島を目指す…
星野源が歌う主題歌「ドラえもん」とともに宝島を目指して繰り広げられるのび太たちの史上最大の冒険。スピーディーな展開でさらなるドラえもんの物語が楽しめます。

4位「万引き家族」

是枝裕和が監督・原案・脚本・編集を手掛け、リリー・フランキー樹木希林安藤サクラ松岡茉優共演で家族を超えた絆を描いたドラマ。
6月8日(金)に公開され、興収45億円。
東京の下町で、生計を立てるため家族ぐるみで軽犯罪を重ねる柴田治とその家族の絆を描く…
第71回カンヌ国際映画祭で最高賞のバルム・ドールを受賞。
是枝裕和監督が「この10年間考え続けてきたことを全部込めた」と語っているだけに様々な差別について、そして冒頭の違和感を感じさせる家族関係の理由がわかったとき本当に大切な家族の絆のことについて考えさせられます。

5位「銀魂2 掟は破るためにこそある」

空知英秋の人気コミック福田雄一が監督・脚本小栗旬主演で映画化したSF時代劇の第2弾。菅田将暉、橋本環奈共演。今回新しく堤真一、三浦春馬、勝地涼、夏菜、窪田正孝が出演。
8月17日(金)に公開され、興収36.6億円。
「銀魂」史上最もアツい”真選組動乱篇”、そして隠れ人気キャラで最も笑える”将ちゃん”こと江戸幕府第14代征夷大将軍が登場する”将軍接待篇”を融合。
SFと時代劇がミックスされたぶっ飛んだ世界観と福田雄一監督ならではのパロディとアドリブが上乗せされた全く新しいジャンルの映画がさらにパワーアップ。進化しまくった福田雄一ワールドの「銀魂」。笑わせてくれます。

6位「DESTINY 鎌倉ものがたり」

西岸良平の人気漫画山崎貴監督堺雅人高畑充希共演で映画化した冒険ファンタジー。堤真一、田中泯、國村隼、薬師丸ひろ子、三浦友和ほかが共演。
12月9日(土)に公開され、興収32億円。
“人ならざる者”がはびこる鎌倉でミステリー作家の一色正和と妻の亜紀子が不思議な怪事件の数々を解決していく…
山崎貴監督ならでは斬新な映像で描かれる摩訶不思議な鎌倉のファンタジー・ワールドが楽しめ、堺雅人と高畑充希演じる初々しい夫婦が絆の大切さを教えてくれます。

7位「カメラを止めるな!」

映画監督・俳優養成スクール「ENBUゼミナール」のシネマプロジェクト第7弾上田慎一郎が監督・脚本・編集の究極の低予算映画。
6月23日(土)に公開され、興収30.3億円。
山奥の廃虚を舞台に、37分間ワンシーン・ワンカットでゾンビサバイバル映画を撮影する自主映画撮影隊を描く…
37分間ワンシーン・ワンカットで撮影される”One Cut of the Dead”。いかにも自主製作という内容ながら、前半の張り巡らされた伏線が回収されていき、もう一度見たくさせてくれます。

8位「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」

「ポケットモンスター」の劇場版シリーズの第21弾。アニメ「ポケットモンスター XY」シリーズの矢嶋哲生が監督
7月13日(金)に公開され、興収30億円。
風の街を訪れたサトシとピカチュウが風の街で出会った人々と共に壮大な冒険と戦いに身を投じる…
メインスタッフが前作までと大きく変更されていて、新しい「ポケットモンスター」の冒険が楽しめます。

9位「検察側の罪人」

雫井脩介のベストセラー小説原田眞人監督木村拓哉二宮和也共演で映画化した正義を追求する検事を描いた社会派ミステリー。
8月24日(金)に公開され、興収28.9億円。
東京地方検察庁を舞台に、人望の厚いエリート検事の最上と駆け出しの検事の沖野がある殺人事件の捜査をめぐってすれ違い、やがて二人の正義がぶつかり合う…
時効、冤罪、そして司法制度への考察とともに「正義とは何か?」という深遠なるテーマを描いた骨太なドラマ。木村拓哉、二宮和也の迫真の演技がドラマをさらに深くしてくれます。

10位「未来のミライ」

細田守監督が未来からやってきた妹と4歳の少年の心の交流を描いたファンタジー・アニメーション。「バケモノの子」以来約3年ぶりとなる細田守が監督・原作・脚本。
7月20日(金)に公開され、興収28.2億円。
甘えんぼうの4歳男児のくんちゃんと未来からやって来た妹のミライちゃんと出会い、初めての体験を繰り返して成長していく…
細田守監督ならではの日常のなかにこそある感動とファンタジーが融合した物語。4歳の甘えんぼうのくんちゃんの成長物語が楽しめます。

2018年邦画興行収入年間ランキングのトップ10でどの作品を見ましたか?

情報元: 日経エンタテインメント 2019年1月号、映画ピクシーン
(2017年12月から2018年11月17日までに公開された作品が対象、12月6日現在)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です