山田洋次監督が倍賞千恵子、井川比佐志共演で高度経済成長期の日本で懸命に生きる庶民を描いたドラマ「故郷」、NHK BSプレミアムで11月27日(火)放送。

Pocket




山田洋次監督倍賞千恵子井川比佐志共演で高度経済成長期の日本で懸命に生きる庶民を描いたドラマ「故郷」、NHK BSプレミアムで11月27日(火)放送。

山田洋次監督倍賞千恵子井川比佐志共演で高度経済成長期の日本で懸命に生きる庶民を描いたドラマ「故郷」
1972年10月28日(土)公開。
瀬戸内海の小島でふたりの子供に恵まれ、幸せな生活を送る石崎精一と民子一家は見通しのつかない将来に故郷を離れる決意をする…

瀬戸内海の自然に囲まれた倉橋島で石崎精一と民子の夫婦は石船と呼ばれる小さな木造船で石を運ぶ仕事をしながら、2人の子供と精一の父と幸せな生活を送っていた。しかし、船の老朽化の問題とともに工業化の波に追われ、家族は故郷に愛惜の思いを残しながら、仕事を求めて新天地へと旅立っていく…

山田洋次が監督・原作・脚本を手掛けて高度経済成長期の日本で懸命に生きる庶民を描いたドラマ。
石崎精一には井川比佐志、妻の民子には倍賞千恵子
笠智衆前田吟渥美清ほかが共演。

山田洋次監督の民子三部作の第2作。高度経済成長の波に追われ、幸せな生活を手放すまでの揺れ動く心情を哀惜をこめて描かれていて、倍賞千恵子、井川比佐志の演技が光ります。

★「故郷」
NHK BSプレミアム
11月27日(火)
13:00~14:37



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です