ジョエル・エドガートン主演・製作総指揮の極限心理スリラー「イット・カムズ・アット・ナイト」、11月23日(祝・金)から全国順次公開。

Pocket




ジョエル・エドガートン主演・製作総指揮トレイ・エドワード・シュルツ監督の極限心理スリラー「イット・カムズ・アット・ナイト」(原題 It Comes at Night)、11月23日(祝・金)からシネマカリテほか全国順次公開。

とある2家族が正体不明の”それ”から逃れるため、「夜は入口の赤いドアを常にロックする」というルールで共同生活し、そこから生まれる恐怖を描く…

森の中の一軒家に住むポール一家のもとに、ウィルと名乗る男とその家族が、正体不明の”それ”から逃げようと助けを求めてくる。ポールは”それ”が侵入しないように「夜は入口の赤いドアを常にロックする」というルールに従うことを条件に、彼らを受け入れた。ところがある日の夜、赤いドアが開いていたことがわかる…

ジョエル・エドガートンが主演・製作総指揮、数々のインディペンデント映画賞で受賞歴を持つ新鋭トレイ・エドワード・シュルツが監督した極限心理スリラー。
「イット・フォローズ」の製作陣と「ムーン・ライト」、「エクス・マキナ」など刺激的な話題作を世に放ち続ける映画会社A24が制作。
一家の父ポールにはジョエル・エドガートン
妻サラには「エイリアン:コヴェナント」のカルメン・イジョゴ
クリストファー・アボットケルヴィン・ハリソン・Jrライリー・キーオほかが共演。


ひたひたと迫り来る闇と、疑心暗鬼が渦巻く世界。2つの家族の内外に潜む、死、恐怖、後悔という暴力的な感情。

「イット・カムズ・アット・ナイト」公式サイト

「イット・カムズ・アット・ナイト」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です