渥美清主演、山田洋次監督のシリーズ第6作「男はつらいよ 純情篇」、BSジャパンで11月10日(土)放送。





渥美清主演、山田洋次監督のシリーズ第6作「男はつらいよ 純情篇」、BSジャパンで11月10日(土)放送。

渥美清主演、山田洋次監督のシリーズ第6作「男はつらいよ 純情篇」。マドンナは若尾文子
1971年1月15日(土)に公開され、配収2.3億円。
五島列島で若い女性を助けた寅次郎は柴又に戻り、とらやに下宿していた夕子に一目惚れしてしまう…

五島列島を旅する寅次郎は赤子を連れた文なしの若い女の絹代に出会う。彼女を生家に送り届けた寅次郎は柴又が恋しくなる。その頃とらやでは遠い親戚で和服の似合う美人の夕子が下宿していた。柴又に帰って来た寅次郎は彼女にひと目惚れし、一騒動を起こしてしまう…
https://www.youtube.com/watch?v=mjXdZgeVlhA

山田洋次が監督・原作・脚本を手がけたシリーズ第6作。
“フーテンの寅”こと車寅次郎には渥美清
おいちゃんには森川信、おばちゃんには三崎千恵子、妹のさくらには倍賞千恵子
今回のマドンナとしてとらやに下宿する明石夕子には若尾文子
五島列島で寅次郎が出会う絹代には宮本信子、その父の千造には森繁久弥

渥美清と若尾文子、宮本信子、森繁久弥の競演は圧巻で、柴又駅での寅さんとさくらの別れはシリーズ屈指の名シーンです。

★「男はつらいよ 純情篇」
BSジャパン シネマジャパン
11月10日(土)
18:30~20:54



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です