葉室麟の小説を木村大作監督が岡田准一、西島秀俊共演で映画化した時代劇「散り椿」、9月28日(金)公開。





葉室麟の小説木村大作監督岡田准一西島秀俊共演で映画化した時代劇「散り椿」、9月28日(金)公開。

モントリオール世界映画祭で審査員特別賞を受賞。
病に倒れた妻の願いを叶えるべく、瓜生新兵衛が過去の藩の不正事件の真相とその裏に隠された妻の想いを突き止めるために奔走する…

享保15年、藩の不正を告発した瓜生新兵衛は追放の憂き目に遭う。藩を追われた後、最愛の妻の篠は病魔に侵され、死を前に最後の願いを夫に託す。それは、かつては新兵衛の友人で良きライバルでもあり、篠を奪い合った恋敵でもあった榊原采女を助けてほしいというものだった…

名カメラマンの木村大作が「劔岳 点の記」「春を背負って」に続く映画監督第3作として手がけた時代劇。葉室麟の同小説を「雨あがる」の監督の小泉堯史が脚本を手掛けて実写映画化。

瓜生新兵衛には岡田准一
かつての友の榊原采女には西島秀俊
黒木華池松壮亮麻生久美子奥田瑛二ほかが共演。
第42回モントリオール世界映画祭で審査員特別賞を受賞。

長野、富山、彦根での全編オールロケで撮影された”美しい自然”と木村大作監督による”美しい映像”、豪華俳優陣による”美しい佇まいと生き様”。
「ただ愛のため、男は哀しき剣を振るう――」

「散り椿」公式サイト

「散り椿」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です