池井戸潤の小説を野村萬斎主演で映画化した企業犯罪エンターテインメント「七つの会議」の最新予告編が公開。

Pocket




池井戸潤の小説福澤克雄監督野村萬斎主演で映画化した企業犯罪エンターテインメント「七つの会議」、2019年2月1日(金)公開。
最新予告編が公開されましたが、見ましたか?

中堅企業の東京建電で起きたパワハラ騒動をきっかけに、そこに隠されたある謎が会社員たちの人生、会社の存在をも揺るがしていく…

中堅メーカーの東京建電の営業一課係長の八角はその”ぐうたら社員”ぶりから営業部長の北川らには白い目で見られつつも飄々と毎日をやり過ごしていた。ある日、社内でパワハラ騒動が問題となり、課長の坂戸に異動処分が下される。万年二番手に甘んじてきた原島が新しい課長として一課に着任するが、そこには想像を絶する秘密と闇が隠されていた…

TVドラマ化もされた池井戸潤の企業犯罪小説を「下町ロケット」、「陸王」の福澤克雄が監督、「ブラックペアン」の丑尾健太郎が脚本を手掛けて映画化。

東京建電の”居眠りハッカク”こと営業一課係長の八角にはサラリーマン役に初挑戦する野村萬斎
営業部長の北川には香川照之、営業課長の原島には及川光博、八角に訴えられる課長の坂戸には片岡愛之助、親会社の代表取締役社長の徳山には北大路欣也
零細ねじ工場の社長の三沢には音尾琢真、新進気鋭のねじ製造会社社長の江木には立川談春
藤森慎吾、朝倉あき、岡田浩暉、木下ほうか、吉田羊、土屋太鳳、小泉孝太郎、溝端淳平、春風亭昇太、勝村政信、世良公則、鹿賀丈史、橋爪功ほかが共演。

「働くこと」の正義とは?そして守るべき信念とは何か?サラリーマンの戦いと葛藤、そして秘密と闇。

「七つの会議」公式サイト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です