ダコタ・ファニング主演で自閉症を抱える少女がハリウッドを目指すハートフル・ストーリー「500ページの夢の束」、9月7日(金)から新宿ピカデリーほか順次公開。

Pocket




ベン・リューイン監督ダコタ・ファニング主演で自閉症を抱える少女がハリウッドを目指す姿を描いた愛とユーモアあふれるハートフル・ストーリー「500ページの夢の束」(原題 Please Stand By)、9月7日(金)から新宿ピカデリーほか順次公開。

自閉症を抱える少女ウェンディが、ある思いを胸に500ページの脚本を届けるためハリウッドを目指す旅の中で、少しずつ変わっていく…

「スター・トレック」が大好きで、自分なりの「スター・トレック」の脚本を書くことが趣味の自閉症のウェンディ。ある日、「スター・トレック」の脚本コンテストが開かれることを知り、渾身の一作を書き上げるが、郵送では締め切りに間に合わないことに気づき、愛犬ビートとともにハリウッドを目指して旅に出る…

「セッションズ」のベン・リューインが監督を手掛けたハートフル・ストーリー。
自閉症を抱える少女ウェンディにはダコタ・ファニング
ウェンディを支えるソーシャルワーカーのスコッティには「リトル・ミス・サンシャイン」のトニ・コレット、ウェンディの姉オードリーには「スター・トレック イントゥ・ダークネス」のアリス・イヴ


人生初の大きな目標のために、つまずきながらも目的地へと近づいていくウェンディと家族。チャレンジする心を忘れないすべての人を応援する感動の物語。

「500ページの夢の束」公式サイト

「500ページの夢の束」公開劇場リスト



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です