「メリー・ポピンズ」の約50年ぶりの続編「メリー・ポピンズ リターンズ」の海外版予告編が公開。

Pocket




「メリー・ポピンズ」の約50年ぶりの続編ロブ・マーシャル監督エミリー・ブラント主演「メリー・ポピンズ リターンズ」(原題 Mary Poppins Returns)、2019年2月1日(金)公開決定。
海外版予告編はもう見ましたか?

前作から20年後。すっかり大人になったバンクス一家の長男マイケルは大恐慌による貧困と妻を失い、危機に立たされていた。そんなバンクス一家の前にメリー・ポピンズが20年前と変わらぬ姿で現れる…

前作から20年後。バンクス一家の長男マイケルは父や祖父が働いたロンドンの銀行で臨時の仕事に就いていた。しかし、大恐慌時代において金銭的な余裕はないうえに、マイケルは妻を亡くし、追い打ちをかけるように家を失う窮地に立たされる。そんなとき、メリー・ポピンズが20年前と変わらぬ容姿で現れ、メリー・ポピンズが起こす”奇跡”を受け、バンクス一家は幸せを取り戻すため動き出す…

パメラ・L・トラヴァースの児童書をディズニーが実写とアニメーションを織り交ぜて映画化したファンタジー・ミュージカル「メリー・ポピンズ」(原題: Mary Poppins)は1965年12月18日(土)に公開。
実写とアニメーションが融合した革新的な表現や、印象的な音楽とダンスが見るものの心を掴み、第37回アカデミー賞でジュリー・アンドリュースが主演女優賞、作曲賞、歌曲賞、編集賞、特殊視覚効果賞の5部門を受賞。

約50年ぶりの続編として「シカゴ」、「イントゥ・ザ・ウッズ」のロプ・マーシャルが監督、「ヘアスプレー」のマーク・シェイマン&スコット・ウィットマンが音楽を手掛けて映画化。
メリー・ポピンズには「プラダを着た悪魔」、「クワイエット・プレイス」のエミリー・ブラント
メリー・ポピンズの古くからの仲間である街灯点灯夫ジャックにはブロードウェイ・ミュージカルのスターのリン=マニュエル・ミランダ
コリン・ファースメリル・ストリープベン・ウィショーほか豪華な俳優陣が共演、前作でバートを演じたディック・バン・ダイク(92歳)も出演。

「メリー・ポピンズ」の約50年ぶりの続編。楽しみです。

「メリー・ポピンズ リターンズ」US版公式facebookページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です