7月21日はロビン・ウィリアムズの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?

Pocket




7月21日はロビン・ウィリアムズの誕生日。出演作でどの作品が好きですか?
ロビン・ウィリアムズ
ロビン・ウィリアムズは1951年7月21日にイリノイ州シカゴで生まれました。
キャリアはスタンダップ・コメデイアンとしてのライブ出演で始まり、1978年から1982年にかけて放送されたテレビシリーズ「モーク・アンド・ミンディ」で有名に。
1980年「ポパイ」で映画デビュー。
ポパイ
「グッドモーニング、ベトナム」「フィッシャー・キング」「ミセス・ダウト」ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を受賞。
「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」アカデミー賞助演男優賞を受賞。

ロビン・ウィリアムズの主な出演作は次の通りです。
「グッドモーニング、ベトナム」(原題 Good Morning, Vietnam)
グッドモーニング、ベトナム
バリー・レヴィンソン監督フォレスト・ウィテカー共演で描いたヒューマン・ドラマ。
1988年10月8日(土)に公開され、配収2.17億円。
ベトナム戦争下のサイゴン基地を舞台に、前線の兵士たちに活気と希望を与えるため奮闘するラジオDJの姿を描く…
ロビン・ウィリアムズはDJのエイドリアン・クロンナウ上等兵を演じ、第45回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を受賞。
バリー・レヴィンソン監督が戦場に欠かせないラジオ放送を題材に戦争批判を織り込んだヒューマン・ドラマ。ロビン・ウィリアムズのマシンガン毒舌トークが遺憾なく発揮されています。

「レナードの朝」(原題 Awakenings)
レナードの朝
ペニー・マーシャル監督ロバート・デ・ニーロ共演で実話を元に治療不能の難病に挑む医師の奮闘を描いたヒューマン・ドラマ。
1991年4月5日(土)に公開され、配収6.5億円。
嗜眠性脳炎で、30年間半昏睡状態のレナード。彼を目覚めさせるため立ち上がった新任ドクターのセイヤーはレナードに試験的な新薬を投与し、機能回復を試みる。そしてある朝、レナードは奇跡的な”目覚め”を迎えた…
第63回アカデミー賞で作品賞、ロバート・デ・ニーロが主演男優賞、脚色賞の3部門にノミネート。
ロビン・ウィリアムズは新任ドクターのセイヤーを熱演。
人間の尊厳と愛と友情をペニー・マーシャル監督ならではの優しい眼差しで描き、ロビン・ウィリアムズ、ロバート・デ・ニーロの名演が光ります。

「フィッシャー・キング」(原題 The Fisher King)
フィッシャー・キング
テリー・ギリアム監督ジェフ・ブリッジス共演で描いたファンタジー・コメディ。
1992年4月11日(土)公開。
過去の殺人事件が原因でホームレスとなった男と、彼を助けようとするDJの友情を描く…
ロビン・ウィリアムズは浮浪者のバリーを熱演し、第49回ゴールデン・グローブ賞のミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を受賞。
悲劇を乗り越える力を与えてくれる名作。ロビン・ウィリアムズ、ジェフ・ブリッジスの演技が光ります。

「ミセス・ダウト」(原題 Mrs. Doubtfire)
ミセス・ダウト
クリス・コロンバス監督のファミリー・コメディ。
1994年4月16日(土)に公開され、配収16億円。
離婚を宣告され別居状態のパパが、子供に会うために家政婦に”変身”して妻の家に入り込む…
ロビン・ウィリアムズは子供のために女装するダニエル・ヒラードを好演し、第51回ゴールデン・グローブ賞ミュージカル・コメディ部門の主演男優賞を受賞。
ロビン・ウィリアムスの家政婦への変装振りや仕草では思いっきり笑わせてくれつつ、ハートウォーミングなところもあったり、ロビン・ウィリアムズの魅力がたっぷり詰まった作品です。

「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」(原題 Good Will Hunting)
グッド・ウィル・ハンティング
ガス・ヴァン・サント監督マット・デイモンベン・アフレック共演で描いたヒューマン・ドラマ。
1998年3月7日(土)に公開され、配収7億円。
天才的な数学の才能がありながら心に傷を持ったウィルと生きる張り合いをなくした医者のショーンとの心の交流を描く…
ロビン・ウィリアムズは心理学の学者ショーン・マクガイヤを演じ、第70回アカデミー賞助演男優賞を受賞。
マット・デイモンとロビン・ウィリアムズの共演。まっすぐに生きていくことの大切さを教えてくれる名作です。

「ナイト ミュージアム」(原題 Night at the Museum)

ショーン・レヴィ監督ベン・スティラー主演で描いたファンタジー・アドベンチャー。
2007年3月17日(金)に公開され、興収35.7億円。
ニューヨークの国立自然史博物館を舞台に夜になると新任の夜警の目の前で展示物が次々と動き出し、大騒動を繰り広げる…
ロビン・ウィリアムズは蝋人形のセオドア・ルーズベルト米大統領を演じ、展示物の中でラリーと最も心が通じ、さまざまなアドバイスをする…
続編として「ナイト ミュージアム2」は2009年8月12日(金)に公開され、興収20.5億円。
自然博物館の展示物が夜になると動き出す!!大人も純粋に楽しめるファンタジー・アドベンチャーで、ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン、ロビン・ウィリアムズほか個性派俳優陣の共演が楽しめます。

他にも1989年「いまを生きる」、1991年「フック」、1992年「アラジン」ではジーニーの声の出演、1996年「ジャック」など数多くの作品に出演。
いまを生きる
2013年「大統領の執事の涙」ではアイゼンハワー大統領として出演。
大統領の執事の涙

2014年8月11日(月)に死去され、最後の作品となったのが2015年3月20日(金)公開の「ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密」(原題 Night at the Museum: Secret of the Tomb)
ナイト ミュージアム_エジプト王の秘密02
展示物に命を吹き込むエジプト王の石板の魔力が消えかかる危機を回避するためにニューヨーク自然史博物館からロンドンの大英博物館へ乗り込んだ夜警のラリーと仲間たちが大騒動を繰り広げる…

ロビン・ウィリアムズの出演作でどの作品が好きですか?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です